完結 やる夫が悪魔を喚んだようです

by 小豆 ◆J0wXpmBJqA    last update : 2011/09/14 00:00:00

ファイルサイズ236 KB

最終更新日2011-01-01 00:00:00

コメント0

やる夫が悪魔を喚んだようです 第七話

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1255537516/

606 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:38:27 ID:7G4p4GZM


.        i:::::::::::::::/:/:::::::/:::/::::///::::,'::!:!:',             ゞ:::::: /   ゝr! :::::::::::::::::::::::::::.|   | ::::::::::::::::::._) | |   |
.        |'|::::::::::/:/:::::::/:_///:::,'/:::.!:!::l              \/    /  ゝ__,:::::::::::::::::::: |   |:::::::::::::::::_:(  l! |   |
.           !:::;::::r/::::// ァ=ミ/ヾ::/,rト ノ |i}          .       Yl!  |    ゝつ:::::::::::::: l, 、 /:::::::::::⊂´  ノ!/|   |
.         ハ;}::://:::/.| {:::リ/ ' ,イソ/'!/ノ                | !|  ,、   ト, ヽr、::::::::frtッゝ::::::::rイ  / | |   |
.             ハN:|i::::::::i| `¨   ‘,〃::/,/                  ヽヽ、!.,\l! !li j/! ゝ_:::ゞニメ::rゝ′  /!! | |   |
.             _八!|:::::i|     - ィ}}/ ′                      >!ノヘ! レ' j!  ト' //´ /   ,イ ''  | |   |
.        _/:::ヽ  !ヽ|´丶r≦::/ノ                         / ト、    /,  | ,/ゝj/ _ ,. イ| |   | |   |
.      /ー- 、: \ ':!ヽ\j/                          / / 、ー j/|  |/   `_j _ l!ヾ! |   | |   |
.     // ̄`丶\\\-―‐|lヽ                         / /  />/│,. トー <_ ::: r:/ | ! |   | |   |
.     |{    ヽ:::ヽヽ::Yニニ!|!ト、                        .i /  / r,<ヽ |./│/ ノ`ー<__,j  |   | |   |
.      {   \  ヽ ヽヽi: : : |.|!| i                        i i / ゝイヽノ  ヽ /ヾ :::: ヽヽ. |   | |   |


                                     よ
                       「やる夫が悪魔を喚んだようです」

607 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:38:51 ID:7G4p4GZM






               第七話


            「 想い想われ 」








.

608 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:39:26 ID:7G4p4GZM
502

   | .、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::,;;;;;;;;;;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,,;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,  ,,,;;;;;;;;;;;
   | X\ : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : : : ::::::::::::::: : :::::::::: : : :〃 ,;;;;,,, ~(,, ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   |┛X. \: : ::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : ::::: : : : : ( ,,;;;,,, ,,,;;;,, ゞ,,;;;;;;;;; ,,;;;;;;;;,,,  ,,.;;;;;;;;;;);;;;;;;;;; ,,;;;;;;;,,,,,,;;;;
,, _| .XXXX \ : :^^:::::::::::::カア:::::: : : ::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :,,' ミ";;;;;,,,,,;;;;,,, "( ;;;;;;;;;  ,,,,:;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;; ,,,,,;;;;;; (,,,;;;;;;;;;
  l  | XXXXXX.\ : : ^^: : :::::::::::::::               〃;; ((;;;;;;;;;;;,,, ,,;;,,, "( ;;;.....;;;;;;;;   ;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;; ,,,;;;;;;;;;;;;;
=[:l  | XXXXXXXX[] 、カア:::::::::^^::::::::: ^^:::: : : : : : : : : : : : : : :(゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;;;;,,, ゙ゞ;;  ;;,,,;;;;;;;;   ;;,,;;;;;;;;,;;x(;;;;; ;;;;;;
  l  | XXXXXXXX|l|X\:::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::: : : :: : ::::::::::::ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;, 乂 ::;;;;,,, ,,,,;;;;;;;;;;;)::;;llir( ,,;リ;;;;
  l  | XXXXXXXX|l|XXx\::::::: ::::::::::: ::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::  (;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;;;;;;;;;;,,,, ヾ ,;;;;;,,,,メ;;l;;;ノlli;;;;l;;;/;/ :;;''
  l  | XXXXXXXX|l|XXx:::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::: :::::: : ::::::::ゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(;;;;;,,,,,,,,ッ"ヾヽ、_l|i::;il;;レ';/'"~
  l  | XXXXXXXX|l|X   ___                      ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~    ゙ヾッ;;lli;(;;ッ'
  l  | XXXXXXXX|l|  /  ./.|                       |;;,ii!    l;;;l;ii;/        |;;li|l;;;|
  l  | XXXXXXXX|l|. | ̄ ̄|._, |                       |;;li|   |;;|i;;;|         |;;;i|;;i;;i
=[:l  | XXXXXXXX|l|. |    |イ.|                       l;;il;|   |;;;ii;;|         |;;lli;;l())
  l_|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! |    |  |                            l;;iil|   |;;;|i;;|         |;i;;il;;;|
   |              |    |  |                            |;;:iil    |;;li;;;|         |;;il;;ll;:!
   |.           |__|/                        l;;lil|    l;;;il;;l         l;;ii|;;l;l
   |.             │ |;.                          |;;;lil    |;;;i|ll|          |;;iill;;ll
   |                レ゛                    、r‐、::;;,,,,、ー l;;li;|ーァ、.l;;;iil;;!           l;lil;;;ll;l
   |              /                     \r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll.|;;lil;;:l,        |i;;il;;;;i|
______.|           ./                           .\γ'ヽ、,`ll\~~ll|;;;lli;;|~,ll\,      l;;l|;;il;;|
l l l l |       /                             .\γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll     |;;lli;;;lil
l l l l |       /                                \γ'''ヽ||, ;;||;;; ||;; ;||,;; ||      |;;;|ii;l;;l
l l l l |     ./.                                      \γ⌒ヽ、 ,,   ;;;ll\~ll~~ll~|;;;li;;;;;;|~ll\
   |   /                                         \γ'⌒'ヽ、 ; ゙|| ll\,,゙||,,l;;;ll;;l;ll|,,|| .ll\

609 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:39:49 ID:7G4p4GZM
503

                                               _/`丶、
              _. -―――- 、.__                     _∠フ::.::.::::::}::\
            /          `ヽ、                 厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
           /         ___    \              / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
         /      ,-‐ ゙´ ̄        \           _/::.:__, -─-……‐-、:L_:\
         ./,__      ,-―- 、        \          >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
       「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.       // / /          /了}ヽ\
       }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \     〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
      /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.   /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─-‐{
      /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ            ヘ. / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.|
     {    ヽノ'               i.                 i/  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
     i    i.    i             }            }  |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ
      {    {.   ノ\_        ノ            ノ  |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
     ヘ.    ゙ー-'´--- `ゝ-――<´           ノ   | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
       \                        /    ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
        \                     _. -‐ ´    〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
             ゙> 、_ _    ___. _/、     \、 _ / イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
           i /    ̄ ̄      ./ ::.\     \://ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
          / /               ::.::.::.` ー─‐/ /::::::::ゝ/::::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
         / ./                : ::.::.::.::.::./ /::_ - / ̄⌒フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
        / .i                 :..::.::.::.::.{ i{:_//::::::::/::.:|::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{
        i /                ヾi. : : :「i|| l|\r‐'::::::/::.::.::.|:::::/ /::::{ {/::._::.', l  |l
        i /                  i. : ||ヘ \ \¨´::.::.::.::.::|::::i !::::::>`´__]',l |!
        i/                      i.  . 、 \ ヽイ::.::.::.::.::.::.|::_| l:/ , ィ´/ /::.,  |!
        ./                         r─‐ゝ\ ⌒′: : ::.::.::.:|/:|/ /::::/_∠--、::., ||
       /                      >」 ̄ヽイ        : :|::〈 〃::/// ̄)ノ::.',||
                          . ( (                ∨ / //∠二,`Y-─-、
                                             ー'       ゝ-‐⌒ヽ


                     やる夫たちは帰り道を歩く。

                 結局あれから閉館時間までずっと図書館にいた。

610 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:40:24 ID:7G4p4GZM
504

                                  /        /
                                  /        /
                                  /        /
        \_                         /        /
          \_                    /         /
            \                   /        /
             \               /         /
                \_               /        /
   \_             \___        _/        /
     \_               `ー- 、/          /
       \_                /          /
         \              ヽ    /    |
           `ヽ              \_ /       /
             \                 ヽ_      /
              `v-、            /    /
              〈  〉__          /ヽ  /
               ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                 `ー--く      ゝ一' ノ
                  (   ヽ---――ー'´
                   ヽ-'


       曲がり角につくまでのつもりで繋いでいた手は、

         触れ合う部分の温度が混ざり合っても

          なんとなく離さず、そのままだった。

611 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:40:52 ID:7G4p4GZM
505

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


  それにしても。

  気だるいというか無駄に疲れたというか。

  正直今日の事は思い出したくない。

612 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:41:23 ID:7G4p4GZM
506

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \
   | \  (__人__)  / |
   \ |   `⌒J´  | /
   /              \


  女三人寄れば姦しいというけれど、

  まさか閉館時間まで延々話を聞く羽目になるとは思わなかった。

613 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:42:23 ID:7G4p4GZM
507

  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i                / /" `ヽ ヽ  \
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ           //, '/     ヽハ  、 ヽ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ            〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
    リ::::::( ( ●) (●::(               レ!小l( ●) (●)从 |、i|
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )                レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
     ) ) )、    ̄ノくハ(                   ヽ、  ゝ._)   j /
    (,(.( ' ヘ ∩ ノ ⊃                   ヘ,、 __, イ
    /     ./ _ノ                  /    ∩ノ ⊃ \
    (.  \ / ./_ノ │                (  \ / _ノヽ  |
    \  “ /___|  |                . \ “  /.__ ノ  |
.      \/ ___ /                   \ /___ /


         l! ̄オ |:.:.:.:.:.|   と′  ,      丶  .:   r┘
           ̄リコ l:.:.:.:.:.| _「┘ / /  l |      \ノ  _〕
          く」!L.|:.:.:.:.:.! L. // /,  l| l  l  i  l ハ:.  _〕
         〃l| l L.i:.:.:.:.| r┘,./ /,   !|| l|  l  l ハ:/└i_
         |i l| !└l:.:.:.:| 〕// //l  l ! li l|  l  l |!:: と__〕
         li〃!|l トz水゙/イ ,://l:| l |l l| li  |  ! l|! とl「´
         |! |   !小こシ」 !/ ≧:xイl ! ,'! /l  , / /l _.」!|!
           ,l| l |ハ:.:!|l イ iイ:r::ハ` / '//二ラ// イ| l| l!  __
          /!| l l   \! l|  `¨      イrソ/iツ行l 〃  / |
          ,'/ ! l|l  「¨| llト、   r ァ  ¨´イ |l i |l |!   / /
         ,' ! i  l|i _|:.:.l:.|l:.|:.> .、__  イ´ !:| ! l| l   / /
         ! l ,  l|'「  |:.:.l|:li |:.:.:.:.薔:.:.:.:.:.:.|、ハ! l::-‐rz/ '´ハ
        ./ , i /l|| ヽ/ l| l;,;,;,ノ゙ヘ;,;,;,;,;,;,Y ̄|ヽ  {!'   / / ノ!
        ! / l , l| !   / l |:.:.:.|  |:.\:.:/ i  〉 \{!」、ヽ'イ丿
        | li / l| / l -_〕:.l  |:.:.:.「´ 〈  ト.、 、\テ¨´
        ,'  l | // ̄ , イ´.:.:.:.:.:.:! i:.:.:.:ヽ  ヽ |  、_ ヽ


        主に話を振っていたのがやる実とやらない子で

        それに答える形で真紅が喋っていただけなのに、

           よくあそこまで会話が続いたものだ。

614 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:42:52 ID:7G4p4GZM
508

        ____
      /      \
     /         \
   /           \
   |     \   ,_   |
   /  u  ∩ノ ⊃―)/
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /


  お前ら話す内容を事前に用意してませんでしたか?

  そんな妄想を抱く程、話は止め処なかった。

615 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:43:23 ID:7G4p4GZM
509

           ____
        / ノ  \\
   ,' ,'   / (●)  (●)\   ヽヽ
  ヽヽ / ∪  (__人__)   \ ノノ
     |      ` ⌒´    |
      \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
     ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
   /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
  |    l  |     ノ  /  )  /
  ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
   ヽ __     /   /   /


  それでも喋り足りないのか、美府出家に招待されるし。

  全力でお断りさせてもらったけれど。

616 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:43:56 ID:7G4p4GZM
510

               r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ーァ
              _j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::し 、
              j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
             「:::::::::::::::::::::::::::::: _,.  -─── <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヽ
             j:::::::::::::: ,.=ァ'´           `' . _ ::::::::::::::::::::::::::::::::::く_
            「::::::::: . '´:::/    /              ` . :::::::::::::::::::::::::::::_j
            j::::::::: ' :::: ′   /       /         V:::::::::::::::::::::::{__
           「:::::::::/:::::/  / '  / /  ,   / ! !        V:::::::::::::::::::::r '
          /⌒!;/:::::/  / / / / '  /  / /! i i         V:::::::::::::::::L
         / イ:::::::/   ' / / / '  ハ! ,  / i! i i  ! i!  i!|! !:::::::::::::::: _j__
        // /::::::::::!i! / /′' / /   / j!/ ,'  i! i i  ! i!  i!|! !:::::::::::::::f_,.__j!
        / イ ∧__.::::::!i!/ //-' ' 、/!  .' ' / ! /  /i i! !:  ! i!  i!|! !:::::::::::::::ァト、j!
    / / / /  r'::::::::i! /i!i i ! !,/ ヽ// .'/ i '′ ,.' 'i i!:|   ! i!   l!j! !::::::::::::::「ト、!
   ,  /  / /  / ` ):::乂 i !从升ミ i!i!i! |!i!i| i! _/ ,' i i!:!i  i j!   '/| |::::::::::r-v! |'
 //   / /  ,'    r'::::| i!  圦::rハi!i!l! |!i!i| i! ! /`//、|i! / / !: //' ! !:::::::::jノハ l
  '     |:/  /    V | ハ   ` ´    ゛ ゝi'ィ=メレ/ i゛' / | |/////:::::rイ/j!l1 i
 /     'イ  /      イ∧               代::riバj.'/! | レ' /イ:::ト _!/ i! Y′   「やる夫」
     / |! イ      〃1 ハ       '      `  ´ イi! | 从彳√¨ /:/i! / |i|
     .′ ゞ|     ,.イ  i! L_,、     - 、          ィ i! レ'   ゛   /:/' i ' ハ|
   /    ト.\   i!_j!  i V:. \           /:::| :! i!       /:/ i! i /!::|
   ,′   | ):::)   ∨、 ヾ V.:.:.:ゝ.. _   _  ..イ : <| :! i!__ _ ,::/ j! i,/ 1::|
   l     |//   |:.:.\  ヽヽ 廴::广㍉':::::<. ´  ̄        /:::「 ヽ/  | :|
   |      |     ノ:.:.:.:.:.\  ∨: 廴 圦:: /          i::::::|   .イ  i!::|



      _____
    / ―   \
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |   「なんだお?」
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |


  ほぼ聞き役だったやる夫ですら疲れているのに、

  喋っていた真紅はもっとだろう。

  現にあいつらと別れてからは二人とも無言だったのだが。

617 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:44:23 ID:7G4p4GZM
511

 \             ,. ´     )       \ ー-- ∠   _」
  丿        / /        (         ヽー-- __ノ  <二二ヽ
 {     ....:::: /  .′     i \_        ヽ  ヽ∧   下、マ〈
  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ匀}l:::::::::::`!  ||:::::|
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 i!‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ       弋 ー' 丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|
        \ ー-\《 トヘ       " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !
            ハ ゝ'               | | |  | /::://    | |  |
            | :.   ヽ         リ| !/ /      | | |
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |   「何もしていない気がするわ」
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |
           /   \    //レごム {    /  〉/     ヽ   |   |
        く(   /|   /     ヽ> "  / 冫∧    ゙ |  |
         \/   \        '´    < |/ ゙     i|  |



           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /    「……気のせいじゃないお」
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


  真紅に言われて思い出した。

  元々用事があって図書館へ行ったのに

  そっちが全然でどうする。

618 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:44:58 ID:7G4p4GZM
512

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    _ ノ   ヽ、_\
  |    (●)  (●)  |  「――っ」
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / u:::⌒(__人__)⌒:::\|   l   「また明日行くお」
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


  ふいに出そうになった言葉を慌てて飲み込んだ。

619 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:45:23 ID:7G4p4GZM
513

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/ u  (●)  (●) \
|       (__人__)    |
\            /



        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:|
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\ =Y´jう㍉`\V/7´たうj.Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ヘ. ヒン        ヒン  7イ |ソ}l::| .l   |
  ,'   |   |::|.  | .l∧         ,       ./ ! .|'  川 :l:   i|
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.    r─‐┐   / /l .|    |:   i|     「わかったわ」
  ;    :l      / リl.  >、.  ` ー ′ .イ.  |..|..    |::   |
  |   ::|    / .∧}./´.::.ニ>tー 'チニ`ーzxノ八.   |::   |
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:/ニ{ 只 }ー=、...:.:.://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,::-‐‐'..:》ー.イ :.:..:.::`ー//::〈 .Vム .|::   l
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ .:.:.:.:.:.::イ|:::::ト、.:.:.::. //:::::::\Vム,!|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミへマ .: : /.:.:|:::::|.:.\__./ムニニ三彡'l::   |



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/ u  (-)  (-) \
|       (__人__)    | -3    フゥ
\            /


  気付かれなかったか。

  癖になってるのかもしれない。

  気をつけないとな。

620 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:45:52 ID:7G4p4GZM
514

      ____
    /      \
   / ─   ─   \
  /( ●)  ( ●)    \  「まあ、本当の事なんて分かるはずもないけど、
  |  (__人__)       |
   \ ` ⌒´       /    用心に越したことはないお」
    /  ー‐      ヽ
   /            `



                  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
                  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
                  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
                .  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
                   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
                   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
                   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
                    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |   
            . 「そうね」    |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
                .     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
                    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
                .   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
                   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
                   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
                .  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j


  真紅と行動するべきではなかったのかもしれないが、

  過ぎた事はどうしようもない。

  それならこれからの事を考えるべきだ。

621 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:46:24 ID:7G4p4GZM
515

         ____
        /    \
 .    /          \
 .  /    ―   ー  \
   |    (●)  (●)  |
 .  \    (__人__)  /
 .   ノ    ` ⌒´   \
  /´             ヽ


  考えようによっては

  一緒にいてもおかしくない下地が作れたのだから

  今日の事もまったくの無駄ではなかったはずだ。

622 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:46:53 ID:7G4p4GZM
516

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /    |  |
  \ /     |  |


  やらない夫の時とは違う嘘になってしまったから

  話をすり合わせておく必要があるが。

623 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:47:23 ID:7G4p4GZM
517

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (ー)  (ー) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /    |  |
  \ /     |  |


  やらない夫への説明はどうするか。

  とりあえずばれたって事だけメールを送っておくか。

624 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:47:53 ID:7G4p4GZM
518

        ___
       /    \
.    /          \
.  /   ―   ―  \
  |   (●)  (●)   |  「そういえば、
.  \   (__人__)  /   なんであんな言い方したんだお?」
   /      | ̄|´     \
  く      ri_l メルメルメルヽ
    \   >!、_彡
      \   /



             、 _rへ、几_r┐
          rヘ)      '^勹┐
           r┘           之
       くY′  _             L.,
      ヒ′     _,. 二ニニ‐、,   く_
     lF匕`  ,.ィ´    ,.  ,  `ヽ 爿
    _||亡_ / / / /  // /   i┘ヘ
  / 《辷′ / / / / /// /. /! | 〕  ハ  、
 /{ /´ }}ヒ′ !l/ / / ./ /〃,/ l/ l| 仟  / ∨ ヽ=、、
 ハ |  {{ く厶 ||l /メ、/ / / //| ll iノ /   } t┘ 》
   ',!  }}   とl}lrァ㍉ l! /// / //ム /   / n]=='′
 ヽ ヽ〃   〃 八.ノ! '´/ /メ、ノ!/Z. /  , ',.ィ〉ヾ===-
   〉 〉  / /{   ,.    rァ‐く/>,」 / / _厂n 、 ヽ    「あんな?」
 . /__,.' ‐'´ /`ヽ       '、_ノ,〉イ_〈,/ _方 {{ }}|l、 \
 /.{ `` <二 ー-ヽ`   _,. ィ/{疱}nノ‐'´ハV/ |ト、ヽ \
   `ヽ、\\  ̄{做}二 ̄_フ | | |ソ        ~  || ヽ
  ̄`ヽ、\ ヽ{ /テく\   / | l |心_ノ⌒)__rヘ   | 〉
 ヽ ト、 \ト、∨/@ト、 ヽ.\/ _|  !ヽ      〉 l/
 } \ `丶、.「/,  | r'ニ二 ̄ ‐-.}  \    V^ヽ
 `ヽ、 \  /{.@ | L_ ̄ 弋‐=ニ{    ⌒ヽ     〉
    \ \{ ヽ  !   `>、 `ヽ、           └勹
  r─ァゝ、 ヽ @ | r<___\  〉   \  \ r┘

625 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:48:35 ID:7G4p4GZM
519

      ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \  「やる実がいたから許嫁だと無理があるのはわかるお。
 |       (__人__)    |
 ./     ∩ノ ⊃  /    でも恋人候補ってのがよくわからないお」
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


  候補じゃなくて恋人で良かったのではないだろうか。

  恋人と候補の境目というか、

  恋人候補といわれてもイメージしにくいと思うが。

626 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:48:58 ID:7G4p4GZM
520
                           ___
                       ,.. ' ´    ヽ
                     イ、        /
                ., - ' ´ ,/三三 _    /
              ,./   _/ ̄ ̄  ̄ `'' 、/   ____
     __       .ィ "       r'          \f´ /  \
   /   ヽ.   /三|     ┐            ヽ| 三   ヽ.
   |      V'三三.    r、/              \/    |!
   f     l! |:三三|    f                   \   j
    `ヽ,  l. |三三,|     ノ / /    |            ` /
  ., -「   ゝ、三三 |    ム / /    .,l!       、       V  ー-- 、
 /  ゝ┐  |三「 : |  r 、ノ / l,     | |!,| ,.    |  |!     ヾ三三.. /
,   |トf.'   │/:::::|  L/!、 j |! ィ  ,| |!||:|    | | ,.!  │ , i: |三メ /
   ヾ\_   ヽ::::::::ヽ ノ,/! |川,メl、,/|! |:!|l|:  ,'   /,|l|: | !/' |\  L
   / f'∨へ,.  〉rtヾ | !/!ヾ,,vrl/lレヽ! j !|!  / / / !l l: , ,./  |三ト、/
 l (. |/rヽ √|ミfr@j;}Y/, f' /、::::::`rlヾ,リi! ,/i/jl j// l//  ,'-、ヽ
   Y |i ヽ!_\ ヽヘ`´::::〃 i |  ! ゝフ ゛'  レ//,/__//! //  fイ | }
  \, ヾ,/ \ヽ.  ヽ::::f  !,ヘ  `'´        ' r:::'メ.,j///  /:::L,j/
    ヾ|l! | .f:l\ヽ.ヾV   ,ハl           !フ,/f  j/,,jィ∧::|    「長門さんがやる夫の事を好きなのに
iゝ、.. ,  ||、.  |:| r- ゞ_|! │ ヾ,        .,  / i: |   f  l|/ん
  \. ヽ|| ヽ.|:l. f三三:|!  ト __j|     - 、   ,.ヘ ヾ|   |  リ∧\    恋人なんて言えないわ」
    ヽ. ||ヽ  レ、.l三三:l ` ,|.三|!、.      _,..<___ jヽ \ヾ.// f\\
     | レ    !ヽ三. l   \|! :rr-< 三三三ヽ` フ ∨/ |│ `i i
     ヽ   !   ∨ゞ ミ\.  \、fレクリ 三三  /l ヾ/:∧  |   .| |
       l:  |   |/ゞ jー'ゝ._ \\く 三三f  (   V::/  \,.'.  ! |
      |      |  /`    ` ー--\三    \  レ\\ \  ヾ
    /⌒i       |ト, `ー-- ..ニニ._     `ヽ    ヽ   l  !ヾ \
   /   │  |!  | | !三三三    ̄ `ヽ,  \   ノヽ |!  / ⌒i

627 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:49:29 ID:7G4p4GZM
521

           -、ヽ::::ハ ヽ::::/:.:::イ::.::{__/:::.::::〕        __
           /:::::::ーヘ:{:..:.ヽ ∨:..:..:.l:::.::|:..:./:::.::/{_j^ヽ    /  厂ヽ
∠二≧ 、   __ 〕ヽ:..:..:\:..:..:.∨ ..:..:..:.:..:..l../..:..:..:..:/:::ィナ___ ′ ハ/ ̄ヽ
 ̄ 「 ̄\\/::::\.:..:..:..:..:..:..:..:.,  -一…ー   :..:../.:..:..:/:::;ゝ|  |/ イ丁|
>┴―‐ ミィ_〕ヽ:::\.:..:..  '~          ` <:..:..: 人_|‐<_/j | | |
, ヘ  ̄ ̄/:::\.:..:..:..:/                  \:..:/:::::::}< ノ ||
へ. ヽ二ム..:..:..:..:..: '                     ヽ::.:::{ _  \'_ノ二ヽ
く \_r‐Jト:..:..:../                  、\ ヽ   ゙:,:::.:::.:ト   \\\\
 `ー/|::.::.::.::.::.::,′                  \ ヽ     V:下ヽ\   ヽ \ヽ
冫ーイ  ̄ト::.::.,′    |  i   |     ヽ  \  ヽ   ', ヽ ':┴┐ Y   ト、 \
′ ;′┌┴ ::.:|      |  |   |     ゙, ト  ;. 斗-+ | |i::r┘ '.   i \
 :/|   しヘー::.| |i | ||∥       | |メ、_从ハ|i |  |リ::¬  ¦   |
  |   r┴‐::|  || | ム⊥从ヽ   i |lィf<.ヾ ー|川  ;::下┘ |  |
  |   |::.::.::.::|  l| イ| 斗=ミヾ\,ハノj八ゞ 'リ,.. | jノ! /::::::}    |   |
  | |└ヘ::.:∧  l'   | |/{-ィ::j }        ̄゛  | lj,√ィオ     |  ||   「友人でも良かったけれど、
  | | | く::.::.:ヘ l:、\ ヽ >‐ ´    ,       ∧ ∨:フ{{i〉    l  ||
  ∥ | |  ヾ勹ヘ い ::ヽ\       _       仏ヘ \ゞ'     j|   |∥    やる夫の近くにいる理由としては少し弱いかと思ったのよ」
  八 | |    \ィr=ミl::.ハ \ ー 、    ` __/ユ二 \ \   /ヘ.  l八
 ′  | ',    弋ゞソ}7ノ /,ニ≧、 ヽー--,.ゝ- 、 ̄`< ̄ハ__ \/' λ 、 \
/   ∧  ,    `マ'´ /:':::.:::.:::.〉 ∨ィ/{f㍉Y三ヽ  ` <ー┐ \/| \ \
   / ヽ \   /   イ ̄ ー ' |  | { トゞど..二二.._    `弌:.   ヽ l   \
  ./    \ >'   /...:\  ..:::.:| /:/>允≠‐-‐'     ___}ハ_ \
 / ┌一<    / ...:..:::/::>  // .:.:::./::卞ニニ -‐__,.___  }ヽ |!:..:ト  ヽ
./   \    /′...:.:::.{::.... /..:::.:::.:/:::.:::|:::. ̄匸A::::::::ルソ.:.i:..:..:. | ヽ   Y
ヘ ̄ ̄ ̄\  ∨ ..:..:..:..:..V/..:::.:::.:/ .:::.:::.∧ ::::ヘ`ー辷彡::`ァ ..:..:..:..|   > へ
  ̄`ー- 、 \ マ'⌒く /../^ーz一'  .:::.:::.:/::::|   ヽ::>、::.::∠ . .:..:..:..:.|/   ィ \
―- 、  {>、\:::.:::{::: .:::./ ― 、...:::.:::.:/:::::::|     {:::.:::.:::.:::.:::/..:..:/  ///


   長門がやる夫を、という部分は未だに半信半疑だけれど、

      要するに長門を気遣ってくれたということだ。

628 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:49:54 ID:7G4p4GZM
522

     ____
   / ―   -\
  /  (●)  (●)
/ U   (__人__)  \  「あの短時間で
|         ` ⌒´    |   そこまで考えられるものかお」
./     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                         __  __
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈   「たいしたことじゃないわ。
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/l    やらない夫への嘘を考えた時の
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |        パターンの一つだもの」
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ匀: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \

629 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:50:25 ID:7G4p4GZM
523

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   「あの状況でそれが出るのが
./     ∩ノ ⊃  /    大したものだと思うお」
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
   5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
   ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
   廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\  「やる夫を責める空気だったもの。
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'   わたしに余裕があるのは当然だわ」
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ

630 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:50:53 ID:7G4p4GZM
524

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |  「はぁ」
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



 \             ,. ´     )       \ ー-- ∠   _」
  丿        / /        (         ヽー-- __ノ  <二二ヽ
 {     ....:::: /  .′     i \_        ヽ  ヽ∧   下、マ〈
  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ匀}l:::::::::::`!  ||:::::|
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 i!‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ       弋 ー' 丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|
        \ ー-\《 トヘ       " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !
            ハ ゝ'               | | |  | /::://    | |  |
            | :.   ヽ         リ| !/ /      | | |   「どうしたの?」
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |
           /   \    //レごム {    /  〉/     ヽ   |   |
        く(   /|   /     ヽ> "  / 冫∧    ゙ |  |
         \/   \        '´    < |/ ゙     i|  |

631 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:51:24 ID:7G4p4GZM
525

          ____
        /      \
       / ─    ─ \
     /   (●)  (●)  \
 ,' ,' |     (__人__)     | ヽヽ 「いや……」
 ヽヽ \     ` ⌒´     / ノノ
    ノ           \   


         ____
        /    \
 .    /          \
 .  /    ―   ー  \
   |    (●)  (●)  |  「なんか、真紅がすごいって思っただけだお」
 .  \    (__人__)  /
 .   ノ    ` ⌒´   \
  /´             ヽ


  そして、自分の駄目さ加減が嫌になっただけ。

632 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:51:53 ID:7G4p4GZM
526

       ____
     /     \
   /        \
  / _ノ  ヽ、_       \
  | (●)三(●))      |
  \ (__人__)     /
  /   `ー'´       \


  真紅に気遣わせてどうする。

  そんなことでこれから大丈夫なのか?

633 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:52:23 ID:7G4p4GZM
527

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /


  じわり、と。

  今まで押し隠していたものが出てきた。

634 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:52:56 ID:7G4p4GZM
528

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;


  あ、れ……

  なんか変なスイッチでも入ったのか?

635 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:53:24 ID:7G4p4GZM
529

      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |  ヒック
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ


  やばい。

  止まらない。

636 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:53:53 ID:7G4p4GZM
530

       ゝ     _ _...L            ヽ   ヽ        )
      (  __   ´    `  )         |   |       _イ:ヽ
       「    /         「  __         |   |     (::、::.  \
        ゝ _ /   /     V´___)        |   |      )ヾ\  ヽ
          '/  .′     | (  _      |   |     イヾ::: ヽ:.ヽ |
          //   !      |  「.:.:.:..:)ヽ.._  _j   レ'    ( ハ:  |: :| |
        イ    !       .  ..:.:.:.( __     ,| _ | 、___ .) |::|::. |: :| |
        ∥|    |:  |    / /. ィ :/  )  、γ, -、Y   _.)   |::|::. |: :| |
          i! |    |:  │  ,ィ 升j/_j/ | |ゝし { { fひj j √.:.:    |::| | |: :| |
          i! N. |  、 从ヾ/ j/勿fぅ/ | |   |ゝゝr_少':.: .:.:.:..::  |::| | |: :| |
          ヽト ..._ ゝト-ゝ  ゝ'  | |   |:.:./  /:.:/::.:.,   人| |  ~~ |
                  .          | |   | /  //  /  . '   │    !    「やる夫?」
               /          , イ   |'  /-‐ァィ'  /     │    !
              ヽ         / |   | /    ,'イ___     |    i
                  / \ 、っ   /   |   |,/  - ‐ ¨   /     |    i!
               '/ | :\    i!__.|   |´    _.. ー >     |    i!
                i|  |:::::::|>‐┤  |   |\ . ´       \   |    i!
                i|_|::/   |  │  !  \         .  |    i!
                「          r|  │  !   /   /!       \    i!



       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |     「ちょっとだけ待ってくれお」
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;

637 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:54:25 ID:7G4p4GZM
531

                         /ノ              ヘ、
                 .      /丿               しヘ、
               ∧     ∠ / ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、         フ
               l `丶ィイ/ r'  /  /     \       〔
               了  / ∧ 〕 / / 〃  |  、  ヽ      ア
_ ==ニ二´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ Y l  | r┘| | l|    !   ',  、' .     |
 二ニ=' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、」 │ l └ァ l | |l   l| │l |  ', ',    く
´                V V│  |  | | l|   |l  |│l  | | l   /
                 マ  V L.八斗┼l-l   リ ノ ノノ  | l│ 〔
                 ヽ vヘ、乂,ィfチミ \ノ|ノム斗{ │l| lリ_/
                   ヽf¬ ミ ヒュリ    ,ィ癶イ ノ ノ乂
                   八勾 ハ       ゞ' ムイ
                 ,  ′{ ̄ヽ、ハ   、_ ′  ,′|     「仕方ないわね」
               , ′  ノ    ヽハ、    イ  |
            , '/ .   /      ヽハ辷イ   ヘ l
\         //    / {       入ハ     ヘ|
 ハ        //    /  V  -― イ  `、ハ __ム



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |  「真紅?」
  \     ` ⌒´     /

638 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:54:54 ID:7G4p4GZM
532



  `¨ - 、
      | `Tー―ーヽ、
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j
  ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´
              ゛'^´


  真紅の手がやる夫をそっと引き寄せる。

  離れて欲しいのに、離れられない。

  抗いたいのに、抗えない。

639 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:55:24 ID:7G4p4GZM
533

                _____
              .ィ´:::>''´:::::::::::廴
             _.r‐'::::::/::::::::::::::::::::::::::} _
          :′:::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::し'::)
          {::::::::::厶≠ー…ー-<::::::::::::L
           r:J:::::::::f''´        \::::::::::)
.        r┘::::::::::/           ヽ:::く
       rく: :f::!::::::/ /  /  、     Y:::)
       ) て:::| :::{ /  / / ∧ヽ. !l }   ト〈
        `寸 i::} ::::)l ! |l l | {l  ! 7|メ! }丿 \
          Y :人从  レ'"{( ヽ |/'__,ムノi ヽ   ヽ
        /i ' | ヽ{、 ト __,ン   ;  ィリ  }   }
        /│ |   ヽ{ュ、ー   -.' ∠ '   j   |
.       / i| |  /ヾ\` ー--r 'ア''"´ ̄ ̄ ̄` 丶、
      /   l |,./=-、、   〈/,'/           \__
      /   l く/. : : : : .ヾ、、 / /        ,.  ' "¨¨  ‐-`、ー‐- 、
      / :/ │ {l、: : : : : : : .ヾ、イ     . '"             \: : . \
     ,′ ′ |   |ヘ.: : : : : : : : :.}    /              /: : : : . \
     ,′/  │  ! }: : : : : : : : 从 ./       /       ヽ: : :/: : : .}
    {/ |   リ   |;ノ!`ー-x: : : : .ヘ./__    __,∠. -ヘ、      ノ⌒ヽ.」!
     {  、   V!_,ムノ: : : 〃ハ: : : : : : : .  ̄ ̄. . : ヽ: : :-‐:} ̄三テ.: {ノ!   , } \
    ヽ  )  { {: . \ |l/ルヘ: : : : : : : : : : : : : : :丿: : : :ノ ,.=冫   /ィリ//    \
    r:彡′  ゙、 {: : : : :||/ / ̄ ̄ ̄` ー…冖´ ̄ ̄`ー‐'´.      `'´      }


  気付けば、

  やる夫は真紅に抱きしめられていた。

640 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:56:25 ID:7G4p4GZM
534

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    | 「離してくれお」
  \     ` ⌒´     /



       // /::/.レ          ,         、      ハハ i、     i:::::!    l::::i     !
        〈::\__,/::/,/   ,       ,/         |        i ', .ハヽ   .|:::::!    l::::!.    l
       `ヾ;;_::ー':/   /        ハ  ,'     l i    |   i | ', i ヽ  |:::::!    |::::!.    i
.          ハ:77   /       / !        l!    !  〃.}  } .| ハ |:::::|    |::::|     ',
           ハ:l .j / /       / |  i      l   | 〃!ム. | .i! 、ヽ !:::ハ    ,イ::::ハ     !
          ハ:;' .| / ィ    !     !  |  l      ! .|   ムナ"レ′ iV ! |、ハト、:::ト、 .ハ:::::| ',    {
        ハ::l l/ /!  i! {.    |   ' .l!     /./| ィ7/ム‐,!-、-.、 } ハ V`ヾi . / \! ',    ハ
.         ハ:::| .ハ/ .| .ハ ',     .!  V il   ./レ ! ./ " ,イcf:) ハ // l |  |  } /     ∨  ハ
.          !、:::| i ,'| ! i l ハ. ト   !  _ヽト、 /   レ′  .弋_z歹 ./ /  !  ! , //       ∨  .ハ
          ヾ!.| l ! ハ | ト、ハ |ヽ,トメ二_ヽ∨           / /   .|  レ"           ∨ .ハ
          l .ト、 .ハ V::i \ヾ、 ハl'ハcf:).バ               / /   |  |           |∨.ハ
          ∨ ヽ ヾ、:|   ゙iヽ. ,ヘ弋z歹               / /   /.!  !             ', ∨ハ 「泣いているところなんて
.            ハ   |´::!  |   l,ハ       ヽ      / /   / |  |、            | ト、|  見られたくないでしょう?」
           |    ハ::::〉  ハ ,' ヾ、         < フ / /   ,.イ  .!  !::.\         l i! `i
           .ハ   / レ′/  /     ヽ          / /  / ,.<ハ. リ::.::.::.:ヽ        ,} }.i .|
           ハ  /     /  /      二> - __     ハ/,.ィ´-‐"::.::.::ハ リ::.::.::.::.::.ヽ     / リ ! .!
          ハ.  /     / ,/|,.-.、  _i´::.::/::.::.::.::.::.` ̄l ,'::/::.::.::.::.::./  /::.::.::.::.::.::.::.ハ、   / ./ ハ !
           ハ.  /   //,.! .!::.::.::.`ヽ、/::.::.::.::.::./::.::.::.::!|'´::.::.::.::.::.::./ , イ::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽ、// / , }
.          / ./  // ,ハ |::.::.::.::.::./::.::.::.::.::.::./::.::.::.:O゙==‐、__,,.-'‐'´ .!::.::.::.::.::._,.-‐=≦'^>' ノ /
         / ,イr-.、_ヾ.く   {::.:ハ ',::.:/::/::.::.::.::.::.::./::.::.:_,,.-=≦三―‐-三二-‐='"´      ` ̄ ̄´ノ!
.        / / | ヾミ `ヾ、 ',::.::. 〉〉::.::./::.::.::.::.::.::./f` ̄  ,,.-――ァー-ァ ∠,.-――-- .、     ,,.ノ"::|



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \ 「抱きしめられてるところだって
  |     (__人__)    |  見られたくないお」
  \     ` ⌒´     /

641 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:57:26 ID:7G4p4GZM
535

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ‘                     `丶      :::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:...:::::::::::::::::::::::::::: '’  ¨7                    ヽ,     V      ¨;::.:.:.:.:.:.:.
:::::...:::::::::::::::::::::::  ≪7                            ;:     /  》≫  〉::.:.:.:.:.:
:::::::::...::::::::::::::::::: ミ彡’                           ;:.    《  k ,彡〈::.:.:.:.:.:.:
:: :::::::::...::::::::::::  ;. /  /         ,'    ,'           ;:    ,   ;ハ,  v 〉::.:.:.:.:.:
:::::: :::::::::...::::::  . 彡ミ. 〃   /   /    :       ,    ;:    《/| !:.:》  〈::.:.:.:.:.:.:
:::::::::: :::::::::...  《/,. / 《   人   《    》.    l!     ;     ,l ミ彡  ::::.:.:.:.:.:
::::::::::::: :::::::::: ,  《/ . \ ―- )ノ\   〃  ヽ,   》    《.    ,:: :.....:l  :::.:.:.:.:.:.
:::::::::::::::: ::::   /:......: 人  《 Yfヤk,      《 ─- 〉,_イ         ,::::l ;:::.:.:  i::.:.:.:.:.:.:
:::::::::::::::::::   /::::::::::  人./)八゚ッ刻       沂勺)k, |   /   ,:::::::j__j:::.:.:  ;::.:.:.:.:.:.:
::::::::::::::::    /:::::::::::  / / .ハ ` ¨        ゚ッ亥リ〉ノ  / ,  .:::::::.:.:.:.:.:.:..:  ;::.:.:.:.:.:.
:..::::::::::   /:::::::::::  / , / .ム、  ヽ      ` ' '′Y^'!  {!     `ヽ;::.:.:.:.:  ;::.:.:.:.:.:.
::::..::::   /:::::::::::  /:: ' `   ` .  ` ー      ,j | j   》      :.:.:.:  i::.:.:.:.:.:.
:::::::..::::   ':::::::::  /:::::  \      ヽ,       ,.≪リ !. イ   |         ,_   :
::::::::::..:::.   ':::  /::::::::   \     》` ¬7´         !   ;    _彡 .》::   ; : : :
:::::::::::::..:::.  ‘.‘::: 《      ≫'¨  ̄`ヾ:::::《   __,ィ=|  r―      《::.:   ;
:..:::::::::::::..:::    :::::::  `     ’       ::》゙ ̄    ̄   .:|  :           〉::   ;::
:::..:::::::::::::::::   :::::::      '         .::/         ::  :         〃:.:   i::::
::::: ::::::::::::     ;::::::   /          ,          ;  | ` 、_   〉::::   :::::::
::::::: ::::::::  .  i;;;;;;   /         》          l   |   \  《:::::.:   i::::::::


                  『仕方ないから』

         そう言う真紅はきっと、絶対、呆れているに違いない。

642 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:57:54 ID:7G4p4GZM
536








.

643 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:58:24 ID:7G4p4GZM
537

\\t/ /     |      | |    |  |  l     |  |
  ヘ/ /  / /  i !     l |  |   l ∥ l    |  |
  / /  /  i   | l      l ll  |  ∥ ! l l    .l  |
 i /  l  l   | ll l    | l | l  || | ! .ll   l  |  l
. i |  l|  !   | |.| .|    ! ! l .| 厶-オ丁゙ l l l  へ| .| |
|.|l /.|  | i  l .| l l  / |/ イ/ 斗l=ト、 レノ l/― ヽ ,i
.\l| / |   l |l l l  .| l /    イフUf゙゙l  l /| レ .| /
  | |  l  l .l.|iH廾─+ l/      ゞ―"~// .|  l/ノ/
  |.|   l  l!| !! Zfテミ              /./  j  i ´
  ソ   ll\l l ! ! ゞヒユ            / /  / l .|
  |  / | | / .ハ  ̄   ヽ   _.   / /  /、l  |   「落ち着いた?」
  /  / レ  / / ヽ    ー     //  / /l  l
 /  /   / /   ヽ、      // / / l  ハ
./  /   //i__. _r‐‐/` ー .、__ レく_ ‐´   l  /  ' ,
 /  //,イ | \_,r'"       |l"     / /     ',



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \   「うん」
    |      ` ⌒´    |
     \           /


  内心は未だ激しい自己嫌悪の只中にあったけれど、

  外に出ない程度には治まっていた。

644 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:58:53 ID:7G4p4GZM
538

| l   |  ::|l  :l:.    l,. l.       .:|: ll:.    /l l   l   |
l l   :|  .:::ハ ::l::. .  |l,:.l::.      ::l|: ll:::   :/ l l'  l'  .:l .l
.l l:. . :|, :::l l :::ll,:.:::.. | l::ll::. ::   .:::/l/l:::: .:: .::/ l l:  ./: .:::/:/
..l::l:. :::. :;ll :::l ヽ::l_ヽ,,___l_ llヽ::..:::. .:::://_/;;;:.‐-/、_//::.:.ィ::.:::://
 l::l、.:.;:. :|l -+"´、l ヽ、: l`|l ヽ::::;:..::::/'"/:::::::;::/  //:://::::://
  l:lヽ::l、::l l :::l   ヽ ヾl、l, ` ヾl`l::/ //'l/   // /::/ ヘ
  l ,l`ヾ、ヾ、ヽl       `    "  '´     '´ // l, ィ'l´
.  ll lll,lヽ:::ヘ` ,,,,____;;;;;==       ==;;;;;;___,,_  /::' lゥエ'
  l゛=l  ::::ヽ   ̄"""´           ``` ̄ /l:::: l‐'´
  l l'  ::::::;ヘ                    / ,,l:::: |
  l l  ::::::;ハ丶         l         /, '' l:::: l
  l ,l' :::::::l',-‐ヽ           __         /‐‐ 、l:::: l
  l l' :::::::l'.....  :ヽ .      ´ `      _/:゛`ー 、l:::. l  「わたし、分かった気がするわ」
  l/ .:::::/:::::::. ::::::::` 、.    ''     , -'":::::::::' .:::.ll,::: l、
 /l' .:::::/l::::::::::. ::::::::::::::::::` ,,、.   _, ィ"::::::::::::::::' .::::::l l,:: ll' 、
././ .::::::/ :|::::::::::. ::::::::::::::::::ヽ. /l'A"l`┴;:::::::::::::::.` :::::l' l;::. l ヽ
'./ .::/:/l  l:::::::::::  '..:::::::::::::::lヘ::ヽ>l::::/:::::::::::::::::.` :::::::l  ハ::: l  \
/ /:/ :l  l::::::::::::::. .:::::::::::::::::'ヽ.`'/`'::::::::::::::::'' ::::::::::l  l::'ヽ:ヽ  ヽ
/:::/  :l  l:::::::::::::: :::::::::::::::'' :::`::::. ::::::::::::::::" .:::::::::::l /;  ヽ:ヽ  ヽ



      _____
    / ―   \
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |   「なにがだお?」
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

645 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:59:24 ID:7G4p4GZM
539

                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\    「やる夫。願いは決まりそう?」
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く
//  | / /:.:.:.f⌒ヽ:.:.ヽ`、:.:.:.:.:{{ヽL 厶-‐'/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.人   ヽ



     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  「……そっちは気長に考えるつもりだお」
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

646 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 20:59:56 ID:7G4p4GZM
540

                                   ゞ:::::: /   ゝr! :::::::::::::::::::::::::::.|   | ::::::::::::::::::._) | |   |
                                    \/    /  ゝ__,:::::::::::::::::::: |   |:::::::::::::::::_:(  l! |   |
                                .       Yl!  |    ゝつ:::::::::::::: l, 、 /:::::::::::⊂´  ノ!/|   |
                                      | !|  ,、   ト, ヽr、::::::::frtッゝ::::::::rイ  / | |   |
                                      ヽヽ、!.,\l! !li j/! ゝ_:::ゞニメ::rゝ′  /!! | |   |
                                          >!ノヘ! レ' j!  ト' //´ /   ,イ ''  | |   |
                     「ひとつ、提案があるの」      / ト、    /,  | ,/ゝj/ _ ,. イ| |   | |   |
                                         / / 、ー j/|  |/   `_j _ l!ヾ! |   | |   |
                                        / /  />/│,. トー <_ ::: r:/ | ! |   | |   |
                                        .i /  / r,<ヽ |./│/ ノ`ー<__,j  |   | |   |
                                        i i / ゝイヽノ  ヽ /ヾ :::: ヽヽ. |   | |   |



      _____
    / ―   \
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |   「さっきからよくわからないお。
. |   (__ノ ̄    /
. |             /      別になんでも言えばいいと思うお」
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


  この時、やる夫にはいくつもの『何故』があった。

647 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:00:23 ID:7G4p4GZM
541

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (ー)  (ー)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


  何がわかったのか。

  願いの事を突然聞いてきたこと。

  そして――

648 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:00:52 ID:7G4p4GZM
542

                         ヽ   /ゝ∠__ _              \ /        !ー-、__ /_,二ゝ__
                        /   ,/     |/ヽ___           /         /        ── /
                       (   /       / 7⌒l    \      /    /    /ー      \   |
                        \/    / /  /  /ヽ__       /    /     /           _ゝ..
                          | イ   i/ /|  , \ /  ヾ   ̄     /     /     /            \|
                             `| l  ! / / /! /_ ヽ、, イ_ _      /        /               )
                            |/! / ,/!/∨ Y ゝ! /「│       /  /      /ヾ             /_
                           ゞレ V i/ l  ゝ='、/j! !│    /   /     /            \_r"\ノヽ
                                ソ   /j イメ /Lノ  /  / /  /               .ィ  \__/
                              r      j/ ヽ/i,,イ  ノ':.⌒:ヽ,  /              _ /,,   ヾヽ
                              l       ´ /// | / ヽ ン⌒:: )_ノ/              _/ | \   ヽヽ
                                 .          |    |/L: :ゝ_,,ノ                ヾ/  ! |   ヽ    ゙.,
            「やる夫……」                ゝ           |    |〆 `~'/               _ / |   | |   !::      !
                                   ヽ           |    |/ /へ     _,\__/   |   | |   |:::::::    |
                                    l         ,. '|    |/ \__ > ´ 彡  /      |   | |   i:::     ,
                                     ヽ     / :: |    |/            ,j,/        |  ,,l |   |:::      ,
                                   >r-く :::::::. |    |___   __ ___i_ ___.      |    !|   l::::    /
             .                      /  r,=.、⌒\_|  , |!> ´   _ _   /  _,,ノ ..   |   ,|l!   |:::.   ,
                                 l   i 三|,     !|  | ト\        / ___L,     ,!    !,   . |     ,
                              ヽ!  ,ゞ-ヘ.   |   ヽ/|    ∠ ´   _/j     |   ,!   ,     /
                               {ヽイ|  !:::\, ヽ    \|       , ‐    \    |   |   i      !


                                         伏せていた顔を上げて、

                                            真紅が言った。

649 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:01:24 ID:7G4p4GZM
543

    {. └/  /.   | | |    .|   i   :i   ,'    i | | ||  l     | |
    j __ノ ,イ.|  | | |   i |   |   :!   ,'   .i |!   i|     .| |
    i:{.i| -/-| |._.| | |   i |   |  , イ  ,    川   |   .j    .j ;
    |- i| i| | l  、| | |ミ 、.i |   j //j  j   ./ j l  |  , ,'   , ,' j ,′/
 , - 、_ノ|.| i{,ゝ爻示≧、 、 川ト 、/ // / /  / / .l   .| //  / / // ´    , -、
,イ.ィ、 ノ | | i| 7-、´:::::`トミ 、\∨ノ/ / /イ  / /___l_ .j //   / /イ/     く
{_{_ソ }l | | i| ㌘:{::::::::::::} i  ヽ ´ / / / ノ  /7__ j  T 7  〃/ 〃  , -ぇ ノ
、_ ー' j | | i| 丈、弌::::ノノ           //≠氷ィ、_ノ / / イ ./   {  :{
 \´ j j| i| ゝ、xXX '           イ气::::`i ハ x.. イ_ノ  ./, イ_ ノ   ;
、 、 | j j:ト. il   ` ``              { f::::::::ノノ 癶 イ | 、ー/ )      ;     「わたしを恋人にしてみない?」
 ゝイ / j ! il Xxxx             ゝxxX '   イ { .l、_ノ `´i        i
  ,j /  | {、            '     ``  / :l ヽ{    ',       !
__j i   厶  、_         _        xxxX/  ヽ l、     ヽ     {
  ,' j    i ヽ ヽ ̄`!     `´         八.   \ヽ、    ヽ    ハ
  i l|  | i  ヽ ヽ. !           __. ィ/   \、   \   、  ヽ    、


            ――その言葉も。

650 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:01:53 ID:7G4p4GZM
544








   ┌──────────────────────────────── ── ─
   │
   │
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   │
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─

651 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:02:23 ID:7G4p4GZM
545

   ┌─────────────── ── ─
   │PM7:34 美府出家
   └───────── ── ─


  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 : ___:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |   :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__,.|  :|__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |   :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |  :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__________:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  |  :| :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :._,,-
  |  :| : : : : : : : : : : : : //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ : : : : : : : : : : :|_,,-
  |  :| . : . : . : . : . :∠/      \_________\ : . : . : . : . |.i-
  |  :| : : : : : : : | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_ : : : : : :|.l-
  |  :|   :   :  :  : |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___  :  :|
  |_..:|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  | ̄ ||         ∠/     \______________\,:::!.i-
  |≡ ||  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  |≡ || i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  |≡ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |≡ ||::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  |≡ ||::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  | ̄:::|::::::::              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,,.|、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.

652 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:02:52 ID:7G4p4GZM
546

           \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
  '''- ,,_           | i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i |
  ||i;i;i;i; |          .| i|      _____     ____                 |i |
  ||i;i;i;i; |      ,    | i|    ロロ:|::::::::::::::::::::::::::|    |; ∧))∧ :|:               |i |
  ||i;i;i;i; | ,         | i|   _□ |::::::::::::::::::::::::::|    | §´ー`; :|:  ,____ 、      |i |
  ==== |     ,-、゙ .| i|:  | ゚ |: .|:::::::::::::::::::   |    |: /)::H::): |:  |`ll ̄ ̄ ̄l |l____________、|
  ||i;i;i;i;i;⌒Y⌒| ii ) | i|    ̄   |::::::::::      |     ̄ ̄ ̄ ̄   |、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||
  ||i;i;i;i; |. ||  `-'   | i|____|_____...|゙_________.|`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|
  ||i;i;i;i; |. ||     /:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: γー――――― 、__'. .,: .:'. .,:...゙ヽ||____________||||ニニニ,|| ,_
  ||i;_,-'"' ||   ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. i i__         __i_i i:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: ..:::~''-
  '"    || /'. .,: .:'. ._,--、:'. .,: .:'. .i___| ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\ i.. ..:'. .,: .:'. .,:,-- ,,:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .;__|~;|_
       ||:'. .,: .:'. .,: .:'.| .:\.:`ー 、:'. .,:|          \.:.:'. .,, ー' /.: |:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: |`- , |__|
      //|\,'. .,: .:'. .,;;;i',',',',',',',',') i:'. .,:iニニニニニニニニ i:'. .,:i (',',',',',',',','i;;. .,: .:'. .,: .:'. .,: | |`- ,
    ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:';;;;;|______,,j/:'. .,:|il:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|.::'. .ヽ|______,,j;;;;;: .,: .:'. .,: .:'. .: ̄: .;;;;;`- ,
  /:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: . ;;;;`-
/:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'.. ;;;;`-

653 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:03:24 ID:7G4p4GZM
547

                             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                            / /" `ヽ ヽ  \
                         //, '/     ヽハ  、 ヽ
                         〃 {_{ \   ⌒ リ| l │ i|
                         レ!小l(●) (●) 从 |、i|
 「敵は強大、このままだとまずいお」    レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
                           ヽ、  ゝ._)   j /   
                           __...rr‐`i - i´‐rr-、
                     /`´`Y´:.:.:.//  {、   ,}  i !!:.:ヽ
                    (´     }i:.:.:.| i  |'⌒Y  .ノノ|:.:j.:.:\
                     `i   |/.:|o`ニ{  ,'ニニ´o !ヽ.:.ノ:.:.\
             .         |   ,'.:.:.:.:.: ̄ヽ><ノ ̄ ̄:.:.:.Y.:.:.:.:/`ヽ
             .         |   .{.:.::::::::::::.:.:.:.Y^Y.:.:.:::::::::.:.:.:.!:.:.:, '   /ヽ.
             .         |   ヽ::::::::::::::::::ノ  !:::::::::::::::::::人´  /  /
                        !    j>、::::::/  .!::::::::::::r ´   `゙/   ,′
                       ヽ  /  }:.i:.\  ノ.:.:::i:.:.:.!.     /   /
             .            `¨ ./:.ノ:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.〉:.:.i   /  , '



  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )    「何か手段を講じなければならないわ」
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
.      \/ ___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「ノリノリだなおい」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


  二人ともテンション高いなあ。

  じっとりとした視線を送っても、ビクともしない。

654 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:03:52 ID:7G4p4GZM
548

               ___........,,,,,,,_
            >-''''': : : : : : : : :'''-、
         >'''": : : : : : : : : : : : : : : :\_
      >'''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\,
    >'" : : : : ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,
 ,,,-'''"-'/  ::: : :: : : : : : : ::...: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
    /::: :::./ : ::: : :::: : ::: : : : ::::...: : :::.: : : : :..: : : : : 'l
   /::/: :::::: :..  :::: : :::::.: : : : :::ヽ:..: :::.: : : ::::..: : : : :'l
   /::/::::|:::: :::: : :. ...  :::::..: : : : ::ヽ::..:::.: : : ::::::.: : : : l
  l:::/|: ::l:::::: :/|: : ::::|: : ....l..    l ::::::: : : :::     l
  |:/ |: ::ヽ:::l:|┤: ::::|ヽ: :::l、:::::::.. : :.|::::::::: : : ::::::::: : : :|、|
  |l  |:::1ヽ:|ムヾ、:::.l ヽ、メヽ、::::..::|:::::::: : : ::::::::: :::: :l ヽ
  .'  ヽ:ト、:::lレナド.、:::l  ヾ、 ̄'-,,,l::::::::: : : ::::::::::::::::/
     |l ヽ:::|レ|カ  ヽ . ト''''''ト,,,,, |::/:::: : :/、::::::/:/   「……」
       l:::| " /    .トナガレ l:::|::::: : /| |::/|/
        l:ヽ、ヽ    ''''''''' /:/::: : /.// .'
        .l::::|ト、 -      .//l::: /"::/
        .l::|' \"   __,,,/:ク::: :/|/l/
         ヾ   ''''''''l"-,,/':/:/,-l'''':ヽ


  長門はよくわからんが、いつも通りといえばいつも通りでいいのか?

655 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:04:23 ID:7G4p4GZM
549

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |   ( ●)(●)
  . |    (__人__)
    |     ` ⌒´ノ   「お前ら一ついいか」
  .  |         }
  .  ヽ        }
     ヽ     ノ
     .>    <
     |     |
      |     |


  気は進まないが、息巻いている二人に話しかける。

656 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:04:53 ID:7G4p4GZM
550

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ    ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●)  (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /   「なんだお?」
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「なんでナチュラルに俺を混ぜてるんだ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


  何を話しているのかはおおよそ見当がつくが。

  当然のように関係者にされるのは御免こうむる。

657 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:05:23 ID:7G4p4GZM
551

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ  三ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●)三(●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   「協力できないって言うのかお」
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  「協力しないとは言ってない。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    説明しろって事だろ」
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___


  そうでないと『他人に強制された』と言い訳できるからな。

  関わるなら自分の意思でだ。

658 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:05:53 ID:7G4p4GZM
552

   ,-‐-、           ,rー-、
  j::::::::::.ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::.i
  ,ノ::::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::.i
  ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::リ
   Yyノ ノ :ノ...:ノ _ノ   ヽ ::::::) ルリノ
     リ::::::( ( ●) (●::(
.     ハ::::ハ  ''  r‐ァ リ) )   「やる夫さんを好きだっていう人がいて、
      ) ) )、  ⌒ ノくハ(
     (,(.( ' ヘ   (´ ノ:::))     やる夫さんがその人を好きになったら
     ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、     結婚でもしそうな勢いなのよ」
      /   ノ    Y   ヾ.
       |  ( ......    .....  i/
      |  ヽ::::::.   .:::: .ノ
        ヽ   `ー──--r'う
         )`ー───、)))  旦
          /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ  「めでたいじゃないか」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



       , ' ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
      /  /"" `ヽヽ \
     // ノ L     ヽハ 、ヽ
     〃 ⌒  \ /  ,リ| l |i|
     レ小l ( ●) (● ) 从 |i|
     レV⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ
      ヽゝ、  |::::::|   j / |   「何を言ってるんだお!」
         ヘ,、l;;;;;;l, イ   .l!| !
     rヽヽ:::::|ヽ ー ´,1ー::::ヽ、|i
   /  i::::::::::∨yヽ/::::::ヽ !l ヽi
   (   丶- 、::ヽ/::::::::::::しE | ドン
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽ


  俺の軽口に、やる実が詰め寄ってくる。

659 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:06:34 ID:7G4p4GZM
553

      ,/.'´ ̄ ̄` ー-
    /   〃" `ヽ、 \ヽ
   / /  ハ/::::::::::::::::\ハヘヘ
   |i │ l |リ:::_ノ 三ヽ_:::::}_}ハヽ
   |i| 从( ○)三(○)l小N    /l 「有希ちゃんがやる兄の事を好きなのは
   (| ⊂⊃:::::、_,、_,:⊂⊃ノ  . //  やら兄も知ってるはずだお。
   \:V j:::::::::(_.ノ:::::::ノ.ヽ  //
   /::::::::::::へ、 __, イl::::::://      それなのに、何もしないでただ見てろっていうのかお」
  /:::::::::::;::::::::::::ヽノ::::::::::://
  |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::://
  \::::::::: ̄ ̄ ̄( ̄/
   |`ー―‐、;_;_;_;/:::::::::|



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)   「今までずっと一緒にいたのに、
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l    好きだって思わせられない長門もどうかと思うがな」
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


  長門がやる夫を好きなのは知っているが、

  恋愛は自分と相手で成立するものだろう。

660 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:07:02 ID:7G4p4GZM
554

                                -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    , ⌒ハ           ハ⌒ 、          / /" `ヽ ヽ  \
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i          //, '/     ヽハ  、 ヽ
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i         〃 {_{ _ノ  三ヽ、_,リ| l │ i|
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ        レ!小l( ○)三(○)从 |、i|
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ         レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
      リ::::::( (○)三(○)::(              ヽ、  ゝ._)   j /
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )               ヘ,、 __, イ
       ) ) )、    ̄ノくハ(            r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))           {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、            |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
       ,'   ノ    Y    Y          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
       l: ( ......    .....  i          {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ          ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/


  二人の目が怪しく光る。

  恐いぞお前ら。

661 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:07:25 ID:7G4p4GZM
555

          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、y
       /⌒ y /" `ヽ ヽ  \ノ
      | //, '/     ヽハ  、 ヽ
     ハ  {_{ ノ   ヽ、 リ| l │ i|
      ハ  ( ●)三(●)从 |、i|
      レハ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   「有希ちゃんがいるのになんてこと言うんだお」
        ハ  `、 ゝ._)  j /
        ヘ 入__ , イ
         V  ぃ-、  \_
          l   \  -/ノ\
          l     ー'イ l  ヽ
         l        |  |
          .       | |
          |  l        ! |



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  「とりあえずその振り上げた拳を下ろせ。
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ    そして俺の話を聞け」
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´


  うかつに前振りもできやしねえ。

662 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:08:05 ID:7G4p4GZM
556

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「さっきのは長門本人にも言ったことがあるんだよ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


  十分なアピールをしていたとは思うが、

  結果として相手が気付かなければ意味がない。

663 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:08:36 ID:7G4p4GZM
557

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  「ぶっちゃけ。
    (          |
.    {          |   告白するなりしないとどうにもならんと思うぞ」
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/


____________________________
         〃 {_{ \   / リ| l │ i|
_____ レ!小l( ●) (●)从 |、i|___/\,、_,、______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ ̄ ̄ ̄ ̄\/`' ̄`' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ヽ、  ゝ._)   j /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________________
       Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
______リ::::::( ( ●) (●::(____/\,、_,、______
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) ) ̄ ̄ ̄ ̄\/`' ̄`' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ) ) )、    ̄ノくハ(
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

____________________________
       !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!
___ ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ|__/\,、_,、
. ̄ ̄ ̄ ̄ ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/ ̄ ̄ ̄ ̄\/`' ̄`'
          '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

664 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:08:52 ID:7G4p4GZM
558

            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|
.        ヽ`⌒ ´    |
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |


  あ、やばい。

  話の方向性が妙な方向にいったかもしれん。

665 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:09:23 ID:7G4p4GZM
559

                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ \  / 、:::) ゝ:/
    )ノ リ:::〃 (>)  (<)i:!:〉 Yy
   (/   ソ:::ハ  ,,     /i/  リ  「兄さんにしては珍しくいい事言ったわね」
   !   ノ ::/iゝ. ー=‐'. イく
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル
      )ノ.    ~V~    ヽ



       , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     *, '  /" `ヽ ヽ ヽ
+ 。, '  //, '/     ヽハ  ヽ  キリッ
      |i 〃{_{  \   / リ| l``、+ 。 *
     |i | | (ー) (ー) 从!」      「確かに、この状況をひっくり返すんだったら
   + 。|i从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ」  + 。  そのくらいしないとダメだお」
      |i从/、  |rr/  /ノl
          ,,,ヘ` ̄, イ,,  + 。
        / ::Lヽノ」:: ,_ヽ
      /ヾ、::::::::::::ヽ:::::::ヽ ,>
      \ リ:::::::::::::::::::::::::y<
       <_/〉::::::::::::::::::::::'ト-'



                                __,
                  __,..-:‐::───:‐-.、__,ノ:;/
               ,.イ´:;: : : : : : : : : : : : : : : : :<、
              /: : :.:/: : : /: : : : : : : : :|:: : : : : :`ヽ、
            /: : : :.:/: : :.:/: : :/: : : : : : |:.: : : :ハ: : : :\
            /: : : : : :/: ::、:/:: : ;イ:: : : : : : :|: :|: : : :|: : : :、::\
         ,ノ: : : : ::|: :.:|: : : :|\:/ |:: : : : : : :|: :|: :.;_:.:|: : : :ヘ ̄`
            ̄|: : : : |: : :|: : :/|:.:/`ー|: :.;: : : : :j斗:'´:.: :|: : : : ハ
              |: : : :.:|: : :{: :;マチ弐ヤ ∨|: : : :/_∨ヘ::.: :|:: : : : : }
          |: : ::l'´|: : :∨ V::tィ::}   ∨::/テ弐ア∨::l:: : : : : :| ブンブン
           |/|: ::ゝ|:: : : :|⊂ゞ-"     ∨ん':;リ,' /∨、: :/\:|
       //   ∨|: :V::. : :|       ` `ーc" {::: : :∨   `  ヽヽ
       | |      ∨:.:\::.:|      /´ ̄|      }::: : :|        | |
       ヽヽ      `ヽ:/ヽ:|、   /___,j    ,人::.: :|       ノノ
 ブンブン          / ,r===-.、-r-、-‐<_  \:|
              / /:::::::::::::::::::`ヽニニ7 //::ヽ、_


  珍しくってのは余計だ。

  あと、お前らちゃんと長門を見て喋れ。

666 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:09:53 ID:7G4p4GZM
560

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  「お前らは良かれと思ってるんだろうが、
  |     ` ⌒´ノ   何してもいいわけじゃないだろ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ \  、/ リ|l │ i|
     レ!小l( ●)  (●).从 |、i|  「で、いつにするお」
      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |.ノ
      ヽ、   ゝ._)     j /
       r "ヽ   ∩ノ ⊃イヽ、
      (  \ / _ノ  |  |
     .\  “  / __|  |
       \ / ___ /



  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )   「三十一日の夜なんてどう?」
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
.      \/ ___ /


  聞いちゃいねえ。

667 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:10:24 ID:7G4p4GZM
561

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「おい、人の話を――」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ≡) (≡::(
.      ハ::::ハ /// r‐ァ///リ) )  「聞いてるわよー」
       ) ) )、   ̄ノくハ(
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
       ,'   ノ    Y    Y
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l( ≡) (≡)从 |、i|
          レ /// 、_,、_, /// |ノ   「そーそー」
             ヽ、       j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"


  聞こえた上で無視してるのかよ。

668 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:11:28 ID:7G4p4GZM
562

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l( ー) (ー)从 |、i|   「今まで通りやっていけるなら、
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ /~|      別にこんなことしなかったお」
             ヽ、  ゝ._)   / /
            ヘ,、 __, イ~\ ~\
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::ヽ、\   /
         {  V:::::::::∨yヽ/:::::::::/,1  \
         |ノ''::"::::::::::ヽ/:::::::::: r" /__)
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`/
        {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   旦
                  /


  今まで――

  過去にあった『いつか』
                      もの
  それは思い出と呼ばれる美しい記憶。

669 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:11:52 ID:7G4p4GZM
563

        ./ ̄ ̄\
        / ヽ、_   .\
      . ( (ー ) .   |
      . (人__)     |
      r‐-、    .   |
      (三))   .   |
      > ノ       /
     /  / ヽ、 .   /
     /  / ⌒ヾ   .〈
     (___ゝ、  \/. )
       . |\    ,.1
       . |  \_/...|


  俺も少しだけ思い出す。

670 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:12:24 ID:7G4p4GZM
564

         . __
        ./::::::. \
        /::::::ヽ;;:   \
      . (:::::(::::冫    |
      . (:人;;;) .    |
      r‐-;::::::. .     |
      (三)):::::.. .   |
      >::::ノ:::::::::.    /
     /::: / ヽ;:::::::::   /
     /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
     (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
       . |\::::::::::::;;:1
       . |:::::\;;/:::|


        ……うわ。

         うわぁ。

         うわぁい。

671 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:12:57 ID:7G4p4GZM
565

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「お前ら楽しんでるだろ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


  こいつらの中でどういう風に美化してるのか知らんが。

  当事者じゃないのに顔をしかめたくなるってのに、
                         もの
  当事者からすればトラウマと呼ばれる記憶だろあれ。

673 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:13:23 ID:7G4p4GZM
566

    , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   , '  /" `ヽ ヽ ヽ\
 , '  //, '/     ヽハ  ヽ
 |i 〃 {_{ \   ⌒ リ| l``、
 |i | | ( >) (<) 从!」
 |i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ」   「今回は本気だお」
   ,..ヽ、  (_.ノ   /ノ
  ./::"::::`ヘ,、 __, イ
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
}:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「前回まで楽しんでたってのを肯定する台詞だよなそれ!」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

674 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:13:52 ID:7G4p4GZM
567

    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ ,:┐
   Yyノ(::. ::.ノ ノ    ヽ、ヾ:::::( ノリ/ |
     ヽ:::( (●) (●) ):::::ノ/    /  「兄さん、こうなったら止めるの無理だからさ。
      ( (i   rー r-、) )`/   /
        )ハゝ  ヽ ノヽ |(/ :/',     せめて周りに被害が出ないように手伝ってよ」
        ((::::ぃ>   ハ  l_/_, -‐、',
      ノ/)!:) ,ヾ ソ │  / , --'i|
       l/ ノ  Y  {  V , --ヘ
        / ( .....   ...ハ  L| r= |
      /   ::::::::  ::::: ハ. └' /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   「手伝わないとは言ってないだろ」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


  こいつはこいつで、実はやる気なのが透けて見えるわけで。

  ったく。

675 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:14:32 ID:7G4p4GZM
568

              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ   「ただ、もっと考えたほうがいいって話だろ」
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


  こいつらが長門の幸福を願っていること。

  その点に関してだけいうなら、

  信用してやってもいい。

676 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:14:55 ID:7G4p4GZM
569

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´| -3    フゥ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


  ……裏を返せばその一点くらいしか信用出来ないって事だが。

677 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:15:24 ID:7G4p4GZM
570

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(●)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ   「……」
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
          !.!: :ト     __       /: : /!/    「?」
         l.ト、|..\        /.!: / |'
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
   r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、
  !::::|: :|:::::|: : : : : : :`l _r-‐- 、 /: : : : : : :/::/: :/::::|
  |:::::::!: :l::::::l: : : : : : : |´: : : : : :/: : : : : : :/:::/: :/::::::`i


  それにだ。

  長門がやる夫に告白すれば、

  結果がどうであれ片思い状態が終わる。

678 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:15:54 ID:7G4p4GZM
571

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


  結果はどうあれ告白の記憶は残るだろう。

679 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:16:58 ID:7G4p4GZM
572

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


  失敗したら、その記憶は苦いものとなるんじゃないか?

680 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:17:24 ID:7G4p4GZM
573

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


  行動に起こす前に失敗を考える事が不吉だとしても、

  数年越しの片思いだぞ。

  苦い思い出として残らないように考えるのが悪いのか?

681 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:17:52 ID:7G4p4GZM
574

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ    ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●)  (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /   「考えて、考え続けた結果が今の状況だお」
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"



   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ー))
. |       (__ノ_)
  |       `⌒ノ  「それは否定しない」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

682 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:18:35 ID:7G4p4GZM
575

                    _,. -―- .、
                   /: : :::::: : : : : : : :.`丶
                 / ::::::::::::: : : : : : : : : : : : \
                /:::::::::::::::; :' :/: : : : : : : : : : :'
 .           ー‐ァ:::::::::::::::/:/:::::/; ' : : :/: : i: : ',
            i:::::::::::::::/:/:::::::/:::/::::///::::,'::!:!:',
            |'|::::::::::/:/:::::::/:_///:::,'/:::.!:!::l
               !:::;::::r/::::// ァ=ミ/ヾ::/,rト ノ |i}
             ハ;}::://:::/.| {:::リ/ ' ,イソ/'!/ノ
                  ハN:|i::::::::i| `¨   ‘,〃::/,/
                  _八!|:::::i|     - ィ}}/ ′  「……」
            _/:::ヽ  !ヽ|´丶r≦::/ノ
          /ー- 、: \ ':!ヽ\j/
         // ̄`丶\\\-―‐|lヽ
         |{    ヽ:::ヽヽ::Yニニ!|!ト、
          {   \  ヽ ヽヽi: : : |.|!| i
         .( !    \.ハ::ヽ::i:.:. :|.|:l__i


  ただ、肝心の長門が何を考えているのか。

  少なくとも告白を肯定しているようには見えない。

  だったら俺たちのやってる事は余計なお世話じゃないのか?

683 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:18:53 ID:7G4p4GZM
576

       , ' ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
      /  /"" `ヽヽ \
     // ノ L     ヽハ 、ヽ
     〃 ⌒  \ /  ,リ| l |i|
     レ小l ( ●) (● ) 从 |i|   「やる兄はヘタレだから
     レV⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ    既成事実とか作られたら
      ヽゝ、  |::::::|   j / |   押し切られるに決まってるお」
         ヘ,、l;;;;;;l, イ   .l!| !
     rヽヽ:::::|ヽ ー ´,1ー::::ヽ、|i
   /  i::::::::::∨yヽ/::::::ヽ !l ヽi
   (   丶- 、::ヽ/::::::::::::しE | ドン
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽ


  俺の記憶している真紅とこいつらの話す真紅は別人なのか?

  そんな風に思えるほど人物像が乖離している。

  やる夫からのメールには真紅のことがバレたとしかなかったが。

684 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:19:27 ID:7G4p4GZM
577

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)   「なあ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     結婚でもしそうな勢いって
.  ヽ        }       その人どんな話をしたんだ?」
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



       ,. ⌒ハ           ハ⌒ ,
       i::::::::. ゙i,r'⌒ Y ⌒ ^ヘ, ,r':::::::::j
       i:::::::::::'(ッ. .:: ::::..::::....::::.. )j:::::::::(,
       リ:::::::y(, :: : : : ,.ヘ...:::..:::::..::ヾ:::::ル
       iリル (::::::: ノ  ヽ ゝ,:...::. NY  「真紅さんって言うんだけどね。
          )::ー) (ー ) )::::::リ
             ( (i  、っ  ,, ハ::::ハ     やる夫さんと一ヶ月恋人のように過ごして、
              )ハゝ.   ,.( ( ((      その後正式に恋人として扱ってもらいたいんだって」
          ((:::( り  ∧ ' ).),)



        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ
    |i │ l |リ ⌒   ⌒ }_}ハヽ
    |i|从 ( ●)  (●) 小N
     (|  /// 、_,、_, ///ノ   「それを話す真紅さんの
      V j    ⌒  Jノ    周囲の空気まで甘酸っぱかったんだお」
      /⌒ヽヘ,、 __, イィヽ
      / rー'ゝ::::::ヽノ::::::ヽ〆ヽ
    /,ノヾ ,>::::::::::ヽ:::::::::ヾ_ノ,|
    | ヽ〆::::::::::::::::::::::::::::::::`y|

685 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:19:53 ID:7G4p4GZM
578

 【※イメージ】

                     / ,二、ヽ.
                    r'     }  `  、
                     ,ノ    `'<ヽ  \
           。 ゚゜ ゜゚  。  /          } \  \
         。゚ rx   , ┐  。{          し┐     \
          。  ,.|{ nY ,ニ}   。、       .二ニ{        ヽ
           。 { Ⅵ/r仁{     (_    ´     └;       . }
      _」_ 。‘⌒k辷)=く    。゜ }/       ,)      ∨\, -┐
      `Y⌒)}'^Y´ノ}ハlミメ、ノ  。 /,  〃  〃  /        |   | -┴-、
    、_」{  ' ,」,rく。  }.ハ〉  ゜。.{ {  l{  ″  八_n、    |   |   〈,二.ヽ
    >'⌒ヽ=ミ、|{   ゜ ゚ ゜。  。゜ 丶.从__」{ ニメ、!(  \     厂    }-‐く
   7, r=ミ、   \く,.     ゜゚    / ,リ  拜ミ, | ト、    /  /`   rく ̄) }
  .]{ └' ,}j  、___){ィ       。゚゜,ノ/Y{   └' '^} 厂  _」.ム/    _,ノ|ー--‐'
   ^'宀'^^   `ニ![,斗宀=ミx゚  { { __丶   ゛゙ //{,`Yr勹,}}、_」. イ   ト、ヽ
         r宀ァ'^く    r_}l ゜゚ Y´ 人    /7/ `7t辷彡' ,ノ| | | l|
     ,  r┘Y´{り人_    _]ヽ ,人 {ft `フ7,ノイ ,  {辷ァ‐-rく. | |  | ||
.    {ー-ヽ, `ニ´イ }  ,ノ   Y⌒辷少'^{(,_| {  マフフ´| | | |   | ||
     `フ7⌒>、__,r宀'^ `^!   人 `7´ャ==ミx〉 川`゚{  |__」 | |   | ||
     `′_{(二ニミメ、 r宀ァ'^⌒′ }Y^ー辷≦三≧ァ'  \|   厂|  |||
      ,ノrtnrヘ ハ Ⅵ,r'{  ,>   ⌒ヽ___辷彡'´       \_//,リ  ,ノ L」
.      { 〉 ┘ jノ ,}__}[, `ニ{      }二.´            //∨  {
      〉'⌒'ーく_r仁フ/{ _,人        `ヽ)      .  //    ',
      `¨フ,冖i{`フrく ヽ`ニT\      \__     `7/  」  ト |
.        {( _」L{ノY´\,  〉‐ `フT'   ‐-r<└-、   7/   _」  l l|
         {   }-ヘ{  ト、/ /} ' ,=、  } }   ,ノ`フ7/{_,ノ|  l l|
        r'⌒Yrtn{ }- 、 { { く,_ l{    // //`7メ、  |  l l|
          ,} r‐}辷^}′ {  〉'   丶主彡′ /  〃  \__」   U|,斗宀‐
        `Y^ `ニフ___,ノ ,{_       /   l{       八  /  -‐十
      _,. ⊥  ヽ-‐'  /r‐-、}_ _, -┐      、ー‐=_彡'/`フ⌒⌒ヽ_」_
      `ヽ  ヽ-‐ァ==_彡r勹丿 }勹 辷´ノ       ト>-‐=_彡‐'r‐'⌒'¬-、_
           `¨フ /    └、`ニ′,ノ .]r'⌒)       ャ宀'乙_」{ 〈 r' r宀,  {
         ^¨´ r-ヘ._r,=`T爪  |[ノ^7⌒ヽ  ,= }T  ‐r' ,}  ト、} 辷'厂く
             〉‐- l辷_」{___,>テ{ r宀ミv Vム_]'ー‐くノ廴r' 廴.   _,ノ
             `7⌒^'宀'^^¨´  〉 辷'ハ{  ,}宀‐十'⌒)〉   廴_    _,ノ┘
                       人 〉-r' `7メ、            ̄
                         -'-‐'^冖-‐′

686 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:20:23 ID:7G4p4GZM
579

      __
    / ~\
  / ノ  (●)\
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


  なんか違うな。

  こいつらには真相を伏せたのか。

687 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:20:53 ID:7G4p4GZM
580

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


  俺が長門の事を話したからか?

  だとしたら話して正解だったのかもな。

  許嫁とか長門にしてみればショッキングすぎるだろうし。

688 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:21:31 ID:7G4p4GZM
581

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


  おそらく一ヶ月後には真紅が故郷に帰ってるんだろう。

  恋人云々は振られたって事でうやむやにする。

  そんなところか。

689 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:23:05 ID:7G4p4GZM
582

        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ \  、/ リ|l │ i|
     レ!小l( ●)  (●).从 |、i| 「告白って言ってもすぐに答えを求める必要はないお。
      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |.ノ
      ヽ、   ゝ._)     j /    有希ちゃんがやる兄を好きな事実をやる兄が知る。
       r "ヽ   ∩ノ ⊃イヽ、
      (  \ / _ノ  |  |    これが重要な事だお」
     .\  “  / __|  |
       \ / ___ /



    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ●) (●::(
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )  「二人の約束。
       ) ) )、    ̄ノくハ(
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    一ヵ月後の選択肢に
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、     長門先輩を混ぜるってことね」
       ,'   ノ    Y    Y
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ


  既成事実を作ろうとする真紅への抑止力ってところか?

  回りくどい上に不確定事項の懸念が多すぎる。

690 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:23:33 ID:7G4p4GZM
583

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  「そんな関係になったら
.   |        ノ    出し抜いて既成事実を作ろうとするんじゃないか?」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



       , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
     *, '  /" `ヽ ヽ ヽ
+ 。, '  //, '/     ヽハ  ヽ  キリッ
      |i 〃{_{  \   / リ| l``、+
     |i | | (ー) (ー) 从!」  「向こうがそう出るなら
   + 。|i从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ」   こっちも既成事実を作っちゃえばいいんだお」
      |i从/、  (_.ノ  /ノl
          ,,,ヘ,、 __, イ,,  + 。
        /        \
      / ,、      .l> ,>
      \ リ       l <
       <_/       ト-'


  いやそれ、泥沼になるから。

  実際にそんな事は起こり得ないのに

  互いに牽制して気まずくなるのが必至だぞ。

691 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:23:54 ID:7G4p4GZM
584

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「すぱっと選ばせたほうがいいと思うけどな」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


        ,/.'´ ̄ ̄` ー- 、
      /   〃" `ヽ、 \ヽ
     / /  ハ/     \ハヘヘ
    |i │ l |リ  ノ ' ヽ }_}ハヽ
    |i|从 ( ●) (●) 小N
     (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
      V j    ⌒  Jノ   「そういう告白が出来たならすぐにしてるはずだお」
      /⌒ヽヘ,、 __, イィヽ
      / rー'ゝ::::::ヽノ::::::ヽ〆ヽ
    /,ノヾ ,>::::::::::ヽ:::::::::ヾ_ノ,|
    | ヽ〆::::::::::::::::::::::::::::::::`y|

692 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:24:24 ID:7G4p4GZM
585

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「長門が悪いって言いたいのか?」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ノ '  ヽ リ| l │ i|
         レ!小l( ー) (ー)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /   「残念だけどある意味ではそう思うお」
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ



   '、
   ヾ 、             , -‐- 、
    ', ` 、      ,  ' ´      `ヽ、
     \  ` ""゙ ´              ̄ ̄`ヽ 、
      ヽ 、, '                      \
       /                      ヽ  ヽ
      / ´  ., , ' ´       ____       `,   ヽ
    /   /´    ,  ,     ´~   ヾ ー ,__   ',  `,
   / _/ /     ./  ',        、 \  `ヾ, 、 ! 、 `,
  / // /      /!   !        ヽ、 ヽ,ヽ、 \  ヽ ヽ
 l /  | ,!     , ./ |  l !、 ヽ、 ヽ    ヽ  ヽ ヾ、、ヽ, ', ヽ、
 `  .| |    _!,! ,' | l  ', ,ヽ ヽ  ヽ \  ヽ  ヽ  ヾ、! ',',ヾ
    l /|  | `,才ト、| ト  ', ', \ヾ、  ヽ \ ヽヽ ',     ヽヽ'.、
    ヾ ヽ |  !汁ド、トハ  ヽゝ‐-ヾ-'=、__!_ ヽヽヽ ',    / } ',ヽ
       ヽ}', ', ン:::rリヾ\ ヾ -ー‐ヽ ヾ,} ヽ ', ', ゞr,!   /ノ ', !
       .i| ヽヽ` ー´   ``ヾ 斗云弐ミ=!,ヽヾ   ,ヾノ /.//   ',!   「……」
       ´', ヾ,ゝ  ノ     リ::::r〃"} ハ ',   ',Y /, {/
        ヽ ヽ         ` ̄´  / } 、   ',.}  ´
         \ |\ ヽ 、        / /.ハ   ',!
           `` \`´     , '´/ /  ',  i,!
               〉ー- ' ´   ´}´    ',! ,!

693 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:24:55 ID:7G4p4GZM
586

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ  三ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●)三(●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    「でも、一番悪いのはやる兄だお」
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「確かにな」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


  事態がややこしくなっているのはあいつが鈍いからに他ならない。

  言ってみれば真紅もそれに巻き込まれた形になるわけか。

694 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:25:26 ID:7G4p4GZM
587

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |   「俺たちは告白のサポートをするわけか」
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|



  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
     ) ) )、    ̄ノくハ(  「そうね」
    (,(.( ' ヘ ∩ ノ ⊃
    /     ./ _ノ
    (.  \ / ./_ノ │
    \  “ /___|  |
.      \/ ___ /


  こいつら二人を止めるのは無理だ。

  だとすれば妨害するよりも手伝ったほうがいい。

695 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:26:00 ID:7G4p4GZM
588

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


  それに、今回の告白はすぐに答えを求めるものじゃないらしいし、

  やる夫の鈍さを考えるとあながち悪くはないだろうさ。

696 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:26:24 ID:7G4p4GZM
589

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ「  だとすると他の連中にも連絡したほうがいいな」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


        -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/     ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ \  、/ リ|l │ i|
     レ!小l( ●)  (●).从 |、i|
      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  |.ノ
      ヽ、   ゝ._)     j /   「当日は誰と行動するんだお?」
       r "ヽ   ∩ノ ⊃イヽ、
      (  \ / _ノ  |  |
     .\  “  / __|  |
       \ / ___ /

697 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:26:52 ID:7G4p4GZM
590








   ┌──────────────────────────────── ── ─
   │
   │
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   │
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─

698 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:27:53 ID:7G4p4GZM
591

   ┌─────────────── ── ─
   │PM9:12
   └───────── ── ─


                  |  |__ !:;l!.::.:iiミ.::.:.:彡 _____|
_________|  |.     |.:ll.:.::.:ミ;;;;;;ミ           |___________
               \.!    !i!|l.:.::./:::/─────┐.  |// i!    .|     |  |  |__
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄从    !.i.ll:.:/.:;/jesty's Shoes | . |/  |    |i   !  |  ||=||=
. 茂 名 山 青 果 ミ.:.:::.ミ  |..i!lll:::::/──────┘  .|    |     l.    |!   |  ||=||=
-、_,-、_,-、_,-、_,-、_,-、_,-、_,!ヽ.:.彡|i.:iiii|.:::|___ / ̄ ̄ヽ.  !    |     l     i!.  |  ||=||=
二二二二二二二二二|  |  \ヽ.:i!|:::::!  \\| |口i口i口|  |    |    |    li,  |  ||=||=
二二二二二二二二二|  |  l !i.::ii;;l;::!    \| ||C|osed||  |ヽ、_,--、_,--、_,--、,!  !l_,||=
二二二二二二二二二|  |  |_,|i.::|||!|::!___| |口i口i口|  | ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄l ||=
二二二二二二二二二|  |   |i.::iii!i;::|       |口i口i口|  | ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄l ̄ ̄l ||=
二二二二二二二二二|_l_.  !i::iii.i.:.:| ___|_i_i_|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _..  |i.:iii!i;:::| _ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i
.....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i  |i.::iii!i;::|_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i
i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i||===========||_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i
.....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .||   |i.::iii!i;::|  ||.....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i
i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i|li   ___________  ,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i_ _ .....,i
´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   // ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄\\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  //     \\|| \      \\          。
          ____//.          \|| \\     [^ヽヽ__    |       _
        /      /   l ̄二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l| ̄二 ̄ ̄ ̄ ̄ヽイ      ̄ ̄`ヘ ─   ̄
  . ⌒::.:ヽ |] ̄ ̄ ̄ /⌒\            ||          | γ ⌒ヽ    {i!
 .:.:.(.:.::(.:.:::=!     イ i!O i! il ゝ_____,l!______/  i li O il!l二二ソ \
 (.:.:::..(.:.::   ̄ ̄ ´ ゝ___ソ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´ゝ___,ソ ̄ ̄   \


  長門を送っていくことになった。

  助手席に平気で座っているのは長門らしい、って事でいいのかこれ?

699 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:28:23 ID:7G4p4GZM
592

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |   「すまんな」
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/     「?」
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
            \! V厶|>ー <レ_'/ //
              , '´/ノ      L、 /
               ,.-'   | ___._   | `ー、
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_

700 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:28:52 ID:7G4p4GZM
593

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「人から言われて告白するなんて
.  |         }   罰ゲームのノリに近いだろ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



    |:/   |::|:::从 ヽ            |:::::::::::::::::::/イ::::::::::∧/
    /   i: | :::∧             |:::::::::::::::::::|::::::::::::/
         レヽ::::::ヽ  ー         /::::::::::::::/::/:::::::::/
         ヘ::::::::i\         イ /:::::::://レヽ:::/`ヽ   「ある意味では感謝するべきなのかもしれない」
          ヽ:: |  ヽ _    <  レ'|::::::/|/ i ∧'/:∧
           ヽ|     /ヽ    |:::/ /   /:::::::::∧
              _ イ  .∧    i/   /::::::::::::::::::::ヽ
          ,ィ´/    / / .〉  ノ  ./:::::::::::::::::::::::::::::::\

701 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:29:34 ID:7G4p4GZM
594

    |:/   |::|:::从 ヽ            |:::::::::::::::::::/イ::::::::::∧/
    /   i: | :::∧             |:::::::::::::::::::|::::::::::::/
         レヽ::::::ヽ  ー         /::::::::::::::/::/:::::::::/
         ヘ::::::::i\         イ /:::::::://レヽ:::/`ヽ   「やる夫の事は好きだけれど
          ヽ:: |  ヽ _    <  レ'|::::::/|/ i ∧'/:∧   私は今のままの関係で良かったから」
           ヽ|     /ヽ    |:::/ /   /:::::::::∧
              _ イ  .∧    i/   /::::::::::::::::::::ヽ
          ,ィ´/    / / .〉  ノ  ./:::::::::::::::::::::::::::::::\


  たとえ真紅が本当にやる夫の事を好きだとしても、

  俺たちが長門にあれこれ言っていい理由にはならない。

  そう思っていたが。

702 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:29:52 ID:7G4p4GZM
595

            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /  「だから、今回のような事でもなかったら
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/    私は告白しなかったと思う」
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト


             なんだよそれ。

703 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:30:24 ID:7G4p4GZM
596

            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /  「それに、もし振られても、
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/    やる夫が変わるわけではない」
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト


          それ以上聞きたくないのに。

           長門は喋るのを止めない。

          いつもは寡黙だってのに、くそ。

704 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:30:56 ID:7G4p4GZM
597

           _ ---─── - . _
        / ̄             丶.
       ;                  ` .
      イ                     \.
    /           .             ヽ
    .           /              \.
   /           /        i    .  .ヽ  .ヽ
  /    i       /    .  /ソ  !   | .ヽ  ゝ.
  |     .     !  |  / /´/  ノ |  .|   ヘ  |
 ノ|     !    |  | /./ =. /  / /  / |  i .!  !
  |     |    丶 |ノ ´    /  .イ  / /__|   | |  |
  ヾ|   丶.    ソイ==__ / / //    |  / /| /
   ハ   i ヾ    |;;;;;ъ0ミ    /      | // ||
    \ ヽ rヽ    |∂;;;;;;/      -==ミ |//   |
     .|   《( |   |ゞ-- ´     / .;;;;δア//
     \  |ゝ |   |         ;;;;;;ο /  /   「もちろん、私も変わらない。
       ヾ  丶|   |       ,  - /  /
        从  ヽ  |     __     /  イ     だから、どんな結果でも――」
         ル\|丶 |        /|   |
           ソ ハ |ゝ .. .. r ´ ソ | |
         /\  ヽ|  |       |/



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (○)(○) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |   「やめろよ」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |


  聞き役に徹しようと思っていたが、

  我慢の限界だった。

705 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:31:25 ID:7G4p4GZM
598

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(ー )   |
    (__人__)     |
    (          |   「そんなの、告白するやつの言葉じゃないだろ」
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./


  告白が受け入れられなくても諦めがつく。

  長門、お前その程度だったのか?

706 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:31:52 ID:7G4p4GZM
599

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  「やる夫がお前を選ぶとは限らない。
    (          |
.    {          |    ああそうさ。
    ⊂ ヽ∩     く
   / '、_ \ /  )     お前の言う事は正しいよ」
 / /      “ ./


  自分を選んでくれるのが当然だとか、

  選んだ人がずっと好きでいてくれるとか

  そんなことはありえない。

707 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:32:24 ID:7G4p4GZM
600

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |
    (          |  「だけど、お前の言う事は正しくても美しくはないだろ」
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./



          /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  /::::,' ∧ / |  / j   l│.
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ /::::/∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 ':::::::::::::..イ孑テフ イ } /
.        Vハ  |  i';;:::::;j  :::::::::::::. i:;::::リ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄ ..:::::::::::::;::::... ̄  チ' /
         `ヘ lヽ     _ _     厶 ./   「思慕に美醜はない」
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l


  互いの顔が見えなくてよかった。

  長門の口調には隠しきれない不快感があったが、

  俺だって長門に怒っている。

708 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:33:23 ID:7G4p4GZM
601

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)   「確かに思慕そのものに美醜はないさ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     だが、それを見た他人が感じるんだよ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / l   l│
     ノ l ァ|   | ィfテ云ミx / / /ィ示坏x.! /  リ  ハ!
     イ 八{´l  !|  {じ刈 ' ´     トc刈 》j/   / /
.        Vハ  | 弋zソ       弋zソ  }  ,//
        ヽ ',  |           ,     .イ /´
         `ヘ lヽ       _     厶 /    「……」
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   '′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │


  俺は、やる夫に好意を寄せるお前の事を、

  美しいと思っていたんだぞ?

  他の奴らだってきっとそうだ。

709 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:33:54 ID:7G4p4GZM
602

   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))
. |       (__ノ_)
  |       `⌒ノ   「長門。お前のやる夫への想いはその程度か?
.  |         }
.  ヽ        }     だったら告白なんてやめろ」
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


  それなのに、なにお前が先に諦めてやがるんだ。

  自分勝手な怒りだと分かっている。

  だが、言わずにはいられない。

710 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:34:24 ID:7G4p4GZM
603

                        ___
                 ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                 ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.`:.、:.:.:.`:、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:. :ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ
.           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:ハ: :ハ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヘ
       /:.:.:.:..:.i:.:∧:.:.ヽ:.、:. :∨:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :ハ:.:.:.:.\
.       /:./:.:.:.:.:.:.∨:.:.\:.ヘハ:.、ハ:.:|:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :i:.:∨:{`ヽ
      /.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.、:.`: i l!:ト:i :l:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :!:.: :',:ヘ
     ./ ' l:.i:.:.:.:.:ヘ:.:.:.\`ーlハ! l:.:!:.:.:.l.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: iハ`ヽ
    /   |:.l:.!:.:.:iハ ー一ィr示㍉:ハ:.:/.:.:.γ、:.:.:.:.:.: : :/.:. :i.ト、:.
          !;ヘト、:.ハ:.:ヽ 〃八ぅ::} }'i:.:/:.:.: :' ぅ}:.:.:.:.:.:,:./.:.i :ハ| `ヽ
.        {  !/.:イーハi     ゞ' /;イ:./:. :'.:ソ.:.:∧/.:./}:′!
            / ' !: :! ノ     /' /イ:.:.:.ハ.:.:.:.:.i :/}.:'
          /´  ; :/ `ヽ _ __    !:. :' l:.i:.:.:!/     「あなたに私の気持ちはわからない」
.      /   /: '    ヽ       !.イ ハ:l:.ハ!
           /:'        /ァ‐ ´ ! /' ハ _!:'_
                   /´   l.' .:´: : : : : : }
                      / : : : : : : : :.:.人



   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |
 |(人__)       |
  | ⌒ ´      |  「当たり前だろ。わかってるじゃないか」
.  |        |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |

711 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:34:53 ID:7G4p4GZM
604

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |  「長門。お前がどれくらいやる夫を好きなのか
    (          |   本当に分かるのはお前だけなんだよ」
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./



           _ ---─── - . _
        / ̄             丶.
       ;                  ` .
      イ                     \.
    /           .             ヽ
    .           /              \.
   /           /        i    .  .ヽ  .ヽ
  /    i       /    .  /ソ  !   | .ヽ  ゝ.
  |     .     !  |  / /´/  ノ |  .|   ヘ  |
 ノ|     !    |  | /./ =. /  / /  / |  i .!  !
  |     |    丶 |ノ ´    /  .イ  / /__|   | |  |
  ヾ|   丶.    ソイ==__ / / //    |  / /| /
   ハ   i ヾ    |;;;;;ъ0ミ    /      | // ||
    \ ヽ rヽ    |∂;;;;;;/      -==ミ |//   |
     .|   《( |   |ゞ-- ´     / .;;;;δア//
     \  |ゝ |   |         ;;;;;;ο /  /
       ヾ  丶|   |       ,  - /  /   「……」
        从  ヽ  |     __     /  イ
         ル\|丶 |        /|   |
           ソ ハ |ゝ .. .. r ´ ソ | |
         /\  ヽ|  |       |/

712 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:35:29 ID:7G4p4GZM
605

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(ー )   |
    (__人__)     |
    (          |   「自分の気持ちがわからないこともある?
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く    確かにそういう話も聞くな」
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./


  それどころか、人間は自分の気持ちに嘘をつくことだってできる。

713 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:35:55 ID:7G4p4GZM
606


   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |
 |(人__)       |  「なあ、長門。
  | ⌒ ´      |
.  |        |    自分の気持ちがわからないこともあるのに、
.  ヽ      /     他人の気持ちが分かるとお前は言い切るのか?」
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |



       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(ー )   |
    (__人__)     |
    (          |   「俺には無理だ。
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く     分かろうとすることしかできないだろ」
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./



            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
          !.!: :ト     __       /: : /!/    「……」
         l.ト、|..\        /.!: / |'
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
   r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、
  !::::|: :|:::::|: : : : : : :`l _r-‐- 、 /: : : : : : :/::/: :/::::|
  |:::::::!: :l::::::l: : : : : : : |´: : : : : :/: : : : : : :/:::/: :/::::::`i

714 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:36:26 ID:7G4p4GZM
607

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)   「もう一度聞くぞ長門。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     お前のやる夫への想いはその程度か?」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /
          |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/    「その程度とは、どういう意味か」
         ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト

715 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:36:54 ID:7G4p4GZM
608

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)   「告白が失敗しても傷つかない程度ってことだ」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



                        ___
                 ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                 ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.`:.、:.:.:.`:、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:. :ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ
.           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:ハ: :ハ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヘ
       /:.:.:.:..:.i:.:∧:.:.ヽ:.、:. :∨:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :ハ:.:.:.:.\
.       /:./:.:.:.:.:.:.∨:.:.\:.ヘハ:.、ハ:.:|:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :i:.:∨:{`ヽ
      /.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.、:.`: i l!:ト:i :l:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :!:.: :',:ヘ
     ./ ' l:.i:.:.:.:.:ヘ:.:.:.\`ーlハ! l:.:!:.:.:.l.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: iハ`ヽ
    /   |:.l:.!:.:.:iハ ー一ィr示㍉:ハ:.:/.:.:.γ、:.:.:.:.:.: : :/.:. :i.ト、:.
          !;ヘト、:.ハ:.:ヽ 〃八ぅ::} }'i:.:/:.:.: :' ぅ}:.:.:.:.:.:,:./.:.i :ハ| `ヽ
.        {  !/.:イーハi     ゞ' /;イ:./:. :'.:ソ.:.:∧/.:./}:′!
            / ' !: :! ノ     /' /イ:.:.:.ハ.:.:.:.:.i :/}.:'
          /´  ; :/ `ヽ _ __    !:. :' l:.i:.:.:!/     「違う」
.      /   /: '    ヽ       !.イ ハ:l:.ハ!
           /:'        /ァ‐ ´ ! /' ハ _!:'_
                   /´   l.' .:´: : : : : : }
                      / : : : : : : : :.:.人


                 即座に否定。

                   そうだ。

               そうこなくてはいけない。

716 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:37:53 ID:7G4p4GZM
609

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ  """       "" 厶 ./  「私はやる夫が好き」
             ', {.代ト、     ´   , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │


  それは、自分が傷つかないための論理武装を解いた剥き出しの想い。

717 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:38:58 ID:7G4p4GZM
610

         , ‐'´            `ヽ、
        _/   /    /         \
     ー=ァ'´/ /.., ´  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ
     /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,′   ..:ハ::..  :::::::::
     〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l
      /' ,′.:::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:.  ::::|::::::::::::::.....|
     | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|
     l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l
     ∨N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八
         l :::::lヽゝー'       rf;;j /リ::,' :::/:/l:!   「やる夫に幸せになって欲しい。
        ハ::::::l ///    '    ''‐ ' /:::/:::/}/. リ   私がやる夫を幸せにしてやりたいと思っている」
        _,∧ .::ト、     _    ///:::/:::/ノ
         ,∧:ヽ \        ィ':/;イ(: 、
            \l/}iヽ、 _,, <〃::/ "


  その言葉が本当かどうかなんて分からない。
                  ・ ・ ・ ・ ・ ・
  分からないが、本当だと思いたくなるには十分だ。

718 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:39:23 ID:7G4p4GZM
611

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (へ)(へ )   |
    (__人__)     |
    (          |   「くくっ」
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./



          /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  /::::,' ∧ / |  / j   l│.
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ /::::/∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 ':::::::::::::..イ孑テフ イ } /
.        Vハ  |  i';;:::::;j  :::::::::::::. i:;::::リ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄ ..:::::::::::::;::::... ̄  チ' /
         `ヘ lヽ     _ _     厶 ./   「やらない夫」
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l


  たく、なんつう殺し文句だよ。

  長門の怒りにも笑みが止まらない。

719 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:39:53 ID:7G4p4GZM
612

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (へ)(へ )   |
    (__人__)     |
    (          |
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./


  姿が見えなくて良かった。

  相手が俺じゃなくて良かった。

  運転中で良かった。

721 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:41:18 ID:7G4p4GZM
613

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)   「それでいいんだよ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     やる夫がお前をどう思ってるのかなんて分からないんだから、
.  ヽ        }
   ヽ     ノ       お前はお前の想いを言葉にするしかないだろ」
   .>    <
   |     |
    |     |

720 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:40:30 ID:7G4p4GZM
614

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「お前はもう少しわがままになれ。
.  |         }
.  ヽ        }      やる夫くらい鈍いヤツへの告白は
   ヽ     ノ      そんくらいじゃなきゃ届かないだろ」
   .>    <
   |     |
    |     |


  報われるとか報われないとかじゃない。

  どれだけ報われたいかを相手に訴えるのが告白だろ。

722 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:41:40 ID:7G4p4GZM
615








.

723 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:41:59 ID:7G4p4GZM
616

   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─



         |  | ̄ ̄ ̄|:l  |       | ::|       ,| |
        | ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
        |                           | |
        l__________________,| |
           |  |`''-、_                 | |
           |  |   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         |          | |
           |  |   |         r‐┐| r‐┐      ,| |
           |  |   |         |  ||!  !       .| |
ノヽ-ヘィiヘl^ヽ-,   |  |   l        └‐'゙ l└‐'      | |
―――――┐ス  !  !    |         |          | |
          | ,レi |  |   |______,|_____,,| |
          | Z |  |  /                   ,|_|/
          | ヘ |_|/

724 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:42:24 ID:7G4p4GZM
617

                 ,/´  ̄´`  \ 、_ _
              , - ´: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : `ヽ、
           , /: : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /: : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::`、
       /: : : /: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
     /: : : ::/: : :: ::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::: :`、
    /: :/: ::::/: :::: : :::::/:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::::::: :`、
   ///: :::/: :::::: ::::::/::::::::|::::::::::::::|:|::::::::::::::::::::::::::::、:::|::::::::::::::::|:::::::::: : : |
  / ´ /: :::/: ::::::: ::::::::i::::::::ノ:::::::::::::::|:::;::::::ヽ::::::::::::::::`l;;;|::::::::::::::|::::::::::: : : |
 /  /: : /: ::::::: : :::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::iヽ:::::ヾ:::::\::::::`il::::::::::::::::::::::::::: : :|
´  |: : :|: :::::::::: ::::::::::::::::::| l|:::::::::::::::|::|\:::::\:::::\::::|::::::::::::::::::::::::::::: : :|
   |: : /l: ::::::::: ::::::::::ハ::ノ十-i:::::::::::::::::::トー\:::`_\:::::::|:::::::::::::::l::::::/:::: ::`、
   |:/ |: ::::::::::: ::::::::| :: :  ヽ:::、::::::::::| rー\ヽ ヾ::l:::::::::::::::|:::::|::::: :::il: `、
   |;  |: : ::::l:::: ::::::::|r===三 \ \:::::i ,====`‐、):::::::::::::::/:::ハ:: :ト:: r-`
   |l  ヾ :::::|::::::::::::::|イ ::゚。:::|    \:i´"f:::゚;;;;;::リア/::::::::::::/:::/  |/ |l:|
      ヽ: : :::::::|::::::::| 弋_ノ      `  ヒ_ニソ ノ:::::::::::::// ) | | |l
       `、ハ:::|::::::::ヾ     ,          /:::::::::::::::/ / i
        i l:i il::::::::ト     ´          /イ:::::::::/ ノ:::::::::|
          ` |:::::::`、     _ _       / i|:::::::/::::::::::ハ:/   「やらない夫」
           |:ト::::::ヽ             イ:::::/|::::://
            ilヽ::::::::|\        /  /::/ |::/
            |l `、::::|  `ヽ、 _, - ´   //ノ=レ´ ̄i
            ` ヽ:|      i:ト     / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、
                      iハ    ´/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                      /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                     ´   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\



      __
    / ~\
  / ノ  (●)\
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \   「ん?」
  \          |
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

725 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:42:52 ID:7G4p4GZM
618

      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _     厶 ./   「今日はありがとう」
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ  「告白が成功してからにしろよ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


  大したことは言っていない。

  というか、俺は俺の考えを長門に押し付けたようなものだし、

  長門は自分の心に嘘をついていたほうが良かったかもしれない。

726 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:43:22 ID:7G4p4GZM
619

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |
    (          |   「それじゃあな」
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./



      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _     厶 ./   「さようなら」
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

727 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:43:52 ID:7G4p4GZM
620

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (ー)(ー )   |
    (__人__)     |
    (          |
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./


  それでも言わずにはいられなかった。

  だから、その責任は取るつもりだ。

  それすらも自己満足だと認めた上で。

728 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:44:22 ID:7G4p4GZM
621

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |
    (          |
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
   / '、_ \ /  )
 / /      “ ./


  三十一日の告白に、

  長門の想いが叶うように力を尽くそうと。

729 名前:小豆 ◆J0wXpmBJqA[] 投稿日:2009/11/30(月) 21:45:13 ID:7G4p4GZM
本日の投下はこれにて終了です。

730 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/30(月) 21:47:07 ID:Iewb0WZE
おつ
こういう話好きだなあ
自分の学生時代には皆無だったけど

733 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/30(月) 21:50:49 ID:On/7pM7c

やらない夫いい奴だなあ
しかし真紅も長門もかわいい

734 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/30(月) 21:51:06 ID:5MtGiCpM


青春してるのう


コメント

  1. {{comment.num}}

    名前:[{{comment.comment_mail}}] 投稿日:{{comment.comment_date}}ID:{{comment.comment_user_id}}

コメントはまだありません

コメントを書く

名前
メール
コメント( 必須 )

書き込む

コメントに対する返信は ※1 ( 数字は半角 )
まとめ内レスへの返信は >>1000 ( 数字は半角 )