完結 できない夫はやってられっか代に恋してるようです

by ◆R2Pz3RacMM    last update : 2013/06/24 10:10:48

ファイルサイズ189 KB

最終更新日2013-02-03 17:51:02

コメント7

できない夫はやってられっか代に恋してるようです 第1話

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1352213364/

1 名前: ◆R2Pz3RacMM[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 23:49:24 ID:ESkf.ZhI0




                 __________________________
               |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
               |┃                                    ┃|
               |┃   できない夫はやってられっか代に恋してるようです   ┃|
               |┃                                    ┃|
               |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                                /     ヽ
                                             {                 /\
                                             __!, -―--ミ       /  /
                                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ    \/ />
                                       〃:::::/:::::::イ:ハ::::::::::::::ヽ::ヽ::\    </
                                      /::::::〃:::::::/::::/ ,:::::::::::::::ヽヽ::::ヽ   ┌─┐
                                        /::::::/::::::::::/::イ  ヽ::::::::::::::::::ヾ:::::::',  └─┘
                                    /::::::/::::::::::イ斗.ト   ヽ::-‐-::::::}::::::::}
                                    ,'::/::;':::::::::::∧/      \::::}::、ヽ::::::!
                                    !∧::{::::::::::イ  ⌒     ⌒ ヽ!::リ``:ト{
                                        ヽ:ヽ:::/::!@///    , ///@/::::::::从
                                         ヽ{/:::イ:::ヽ    r-,   イ::::}::::∧i
               、 ! ,                          ヽハ:川` 、    イ:::{::::::l::/ '
               ,.-、                         rへヽ   `´{::::人::!::::リ/
            (⌒ /                      イ ∨∧ ヽ   |/ 〉ヽ、/´
               `ヽ/          。 0  乂_______________________ノ
                 )    >―<  ゜
               (  /  へ. \       Zzz......
                  / 「   (/ ) \
                    i (/ )  ww   Y ⌒ヽ
             / ̄"`;、 ww \     ノ    \
             i     γ ̄ ̄ ̄ ̄    ノ    \
            二二二二二二二二二二二二二!    ヽ
                      |  |γ´ ̄ ̄ ̄`    ヘ
                      |  l/     _____ノ
                      |  |   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

2 名前: ◆R2Pz3RacMM[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 23:50:07 ID:ESkf.ZhI0




           / ̄ ̄\        ※作者から皆様へ
         /   「  \
         |   ( ●)(●)
         |      | |      ・ このスレは作者が初めて建てたスレです。
         |     __´_ノ           全くのやる夫スレ初心者であることをご了承下さい。
         |     `ー'´}.    。
         ヽ       }     /    ・ 10日~2週間に一回程度の投下を予定していますが、
          ヽ     ノ    /     遅筆なものですから、思うようにいかない場合もあります。
           / lヽ介/lヽ、 ,rE)      また、投下出来そうな場合は1~2日前に予告します。
      .     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
          | |  ゚|  |\/____E[]ヨ_____________
        _ | |  ゚|  |__
        |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
        |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
        |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

3 名前: ◆R2Pz3RacMM[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 23:54:54 ID:ESkf.ZhI0
皆さん、こんばんは。

えー、今回の作品は自分の処女作です。

多分、かなりの拙作になってしまいますが……、
頑張って完結させたいと思いますので、良ければ宜しくお願いします。

では、最初の投下は、12時15分頃から行います。

5 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:16:09 ID:1ySpUIJ.0


            (⌒ 、    .. . ... :. .:.:.:.: .: .... ..:.:.:.:..       .:.:.:.. ..  .. .... .:.:.:...
          (     ヽ⌒ヽ 、            /   / .. .:.:.:..: .:.:.:.. ....:.:...
         (             ) ... :. .:.:.:.: .: ..   ___┐     /     /ヽ
                   `ヽ         /  |´            , へ
           , ⌒ヽ . .. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. . |___/    / . ... ..   |   |  .. .... .. .:.:.:.
          (    '               /       ./       ヽノ
           ゝ     `ヽ          / .... .:.:.:.:.:... / .:.:.:..:.:. ..   | . ......  .. .
         (⌒         ... .... . /... :. .:.:. ..     /         |
                 .:.:.... .... /         /  .... .:.:.:. . ..  | ... :. .:.:.:.: .: ....
            .. .... .. .:.:.:..: /           / . .....:.:.:.:.:.:.:.. ...  |     . .. ...:.:.
         .. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. .... ..                 i
                  /       (⌒ 、   .. .... ..  .:.:.:..: .:.:...  , ⌒ヽ . :. .:.:...
           . .. .... .. .:.:.:..: .:.. ... (     ヽ⌒ヽ 、         (      Y⌒ ヽ







                                          __________
   .              ________________|__________|
                 l________________|             /
          ____.\  ________________|  ̄ ̄ ̄ |__,/
            |_____.\|           _             _    |     :|   |
          \   ____|    | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |     :|   |
              \|    .:|    |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|   |     _
                | :l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |______,| |_
   .         l´ ̄ ̄ ̄|                            |.        \  .|   l── ‐| l,l,l,}_ ___ _
   .         |     |________________,|___     \|   | _,,[ll| |lll]── ─‐─
   _____,l____,`丶、┌─────────────.`ー─\      ̄ ̄ ̄|   :| |i
   :::::::::::::::::::::::::`丶、┌──‐::|          _             _   :|  \       |   :| |
   \::::::::::::::::::::::::::::::::|     :|     | ̄ ̄ | |l0l|    | ̄ ̄ | |l0ll   |:    \_____|   :| ┛
     l\______,|     :|     |     | | ̄|    |     | | ̄l   |     :|──‐ '   | |
     |          |  l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\    |   |    | ┛
     |:  | ̄ l´ ̄ ̄ ̄:|                       |.        \  .|   |    | |
   \|:  |_ |     :l________________,|___     \|   |    | |,,r''"゛''"'' - ,,_,,r''
   :::::::\   |_____,` ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. ̄ ̄ ̄\      ̄ ̄ ̄|_r'""| |
   ::::: ::::::\_` ̄ ̄l ̄ ̄ ̄:|     | ̄ ̄ |. _     | ̄ ̄ |. _    :|  \       |   :| |

6 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:16:36 ID:1ySpUIJ.0


     .               ___
                     /___\     ___
                     |:::::::::::::::::::|     |      |
     __________ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄
     ||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|
     |||  ||  ||  ||  ||  ||  |||        |         |
     |||_||_||_||_||_||_|||        |    。    |
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.           |         |[i]
                                 |         |
                  ____.    |         .◎ |
                   || ̄ ̄ ̄=|    |         |
                   ||]     |||    |         |
                   ||___=|    |         |
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥
━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥
━━━━━━━━…‥
━━…‥

7 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:17:30 ID:1ySpUIJ.0



  iーiーiーiーiーiーiiliiーiーiーiーiーiーi                  |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;:|  ピッ…ピッ…  |:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;:ヽ_______/ ;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|                   |
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ       ||\
  |;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;||||;;::;|;;::;|;;:;|;;::;|;;:;|;;::;|    |  ピッ…ピッ…  |     ||.  \
  ~~~~~~~~~~~~ ,.―――‐ ヽ_______/      ||    \
                     .|`ll ̄ ̄ ̄l |、,、___゛,、    |      ||     ||
 l|' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|l.         | .|l___l |.l|| ̄ ̄ ̄||     ,;|      ||     ||
 ||―‐(⌒⌒⌒)―‐||         .!、|___:.|.l|| ̄ ̄ ̄||  ⊂,,⊃.    ||     ||







                     _______
                         /l______l\
                  // _____ \\..
                      // /11  12   1\ \\..
                | ̄|  /10.    |    .2ヽ  | ̄|::..   ピピピッ…ピピピッ…
                |  | .|       |        | |  |;::::
                |  | .|9     ,.・      3| |  |;::::    ピピピッ…ピピピッ…
                |  | .|    /       | |  |;::::
                |_|  ヽ8        4/  |_|;::::
                      \\ \ 7   6   5/ //;::::
                  \\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ //;::::
                       l\l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/l;;:::
                       /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .\;;::::
                    |____________.|;;::::

8 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:18:04 ID:1ySpUIJ.0


                               \\====||===/=========//
                               //             \\
                                | |  ピピピッ ピピピッ    | |
                                | |                     | |
                                | |   ピピピッ ピピピッ   | |
                               \\             //
                               //============||=====\\

              /   /      /  /ヽ    | |
            _rーー‐‐ ` 、_   ∧ /  |__ ..| |   ……んぐっ
          __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
       / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、 /  | |   うーん……
      ノ                    `ヽ/|  /| |
     /                      )  |/  |_|
                           / |  |
                         /   |/

9 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:18:35 ID:1ySpUIJ.0



                   \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
                   ≧                             <
                   ≧  ピピピピピピピピピピピピピピピピピ……  ≦
                   ≧                             ≦
                  /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\



            _____
           /         \
           |  うぉぅ……   |
           \         /    `¨ - 、
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         | `Tー―ーヽ、
                               |  !      `ヽ
                               r /      ヽ  ヽ
                            、    /´ \     \ \_j
                             ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´
                                       ゛'^´
                                     ズルズル…

10 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:18:54 ID:1ySpUIJ.0



                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     |  カチッ……  |
                     ヽ______/


                   ----‐== 、
                         \
               _.        、ヽ\   ……
               `ー=≦ニヽ ヽ. i \
                       / ,イ | |.`J
                      ´ U丿
                           ´





           ――午前7時00分、起床。

11 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:19:39 ID:1ySpUIJ.0



           ……朝食をのんびりと摂取し、余裕を持って学校の支度をする。

           その為に必要になる最低限の時間を確保できる起床時間だ。




                   / ̄ ̄\
                  ノ  \    \
                   (~)(~ )    |
                    |  |   u    .|    ……ふあぁ
                   | __`___     |
                  {|    |     .|
                  __     ̄ ̄      ノ.         __
              | |=====>     く ============| |
              | |   / l       ヽ        | |
              | |  / /l     丶 .l          | |
              | |  / / l        } l ̄ヽ____| |
            / ̄ーユ¨‐‐- 、_    l !__ノ   /| |
         _ /     ` ヽ__  `-  {し|     /  | |
        /    ヽ         `ヽー、}   ./  /| |
       ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
      /                   ノ |  /
                         /  |/




           比較的遅い時間でも平気なのは、自分が学生寮住まいだからである。

12 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:20:12 ID:1ySpUIJ.0



           今日もまた、いつも通りで変わり映えしない、面倒な一日が始まる……。




                         / ̄ ̄\
                       /   ノ   \
                       |   ( ●)(●)
                       |      | |
                       |     ___´_ノ
                       |           }
                       ヽ        }
                   /⌒ヽ ヽ     ノ ィヽ_
                   /  、     、  〆ヾ ̄ `i  ムクッ…
                 /  /      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ







                          |      .|
                          |     |
                          |      |
                               ,l     ヽ   スッ……
                         /      /
                            /      |:::::::
                           / ,   /   lノ::::
                         /// ,  ,   i:::::
                        (__(__(_`/- ,_, ノ:::::
                            ゝ(  丿:::::




           ……と、いう訳でもない。





           - - -- ── ────────────────── ── -- - -
                - - -- ── ──────────── ── -- - -
                        - - -- ─ ── ─ -- - -
                             - -  - - -

13 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:20:49 ID:1ySpUIJ.0



        ――今日は、高校生最初の春季休業が明けてから最初の出席日になる。

           ……つまり、高校生活2年目の開幕を告げる始業式だ。




                  ./ ̄ ̄\
        .        /   「   \
        .        |    ( ●)(●)
        .        |       | |  ……
        .        |     __´___ノ           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        .        |     `ー'´}           |  キョウノテンキデス… ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
        .        ヽ        }           ヽ_______  カントウデハイチニチジュウカイセイニナリ、キモチヨクスゴセルデショウ… >
        .         ヽ     ノ                       ゝ、_______________________/
        ___/⌒ヽ  ̄     ^ヽ
        | |   /               ヽ.
        | |  /   ==ァ'⌒つ..__    ヽ  l
        | |  /   ==/ ´二ユ二ニ= |  |
        | |  |      {   ィ´      | ヽニ二二二二フ)   |  ̄ ̄  |
        | |  \   / .丿       |  ヽ>(^(^ーァ'´   \_/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

14 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:21:08 ID:1ySpUIJ.0



           第2学年進級時には、クラスが総とっかえになるので、

           それまでのクラスメイトの殆どとは離れ離れになってしまう。




                / ̄ ̄\
              /   「   \
              |    ( ー)(ー)                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              |       | |                 |  ツヅイテ、トウホクノテンキデス…  |
              |     __´___ノ    ズズッ…     ヽ____________人
              |       | ̄ ̄( ̄\
              ヽ      \_/| |
               ヽ     ノ    | |




           特に、自分は帰宅部であり、クラス外の友人は無いに等しかった。


           ……実質、新たに高校生活をやり直すようなものだ。




              - - -- ── ────────────────── ── -- - -
                   - - -- ── ──────────── ── -- - -
                           - - -- ─ ── ─ -- - -
                                - -  - - -

15 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:21:34 ID:1ySpUIJ.0



        ――自然、制服を身に纏う心持ちも変わる。

           いつもの朝とは違い、期待と緊張が入り混じってないまぜになり、心を満たしている。


           ……この感覚、いつ以来だろうか。



                             .-‐ ‐- 、
                                /       ヽ
                            /          i
                             l 「   ヘ      |
                             | (;:) ( (::::)    i
                            |  /        l
                           l 丶       l
                 `ヘ`ー ‐=─-‐‐-.l  __ ___     .ヘ.
                  、           ,、       .// !、
                 ';.           / `≧ =´l /  l ヽ
        .         ∧           /_._ ', }   /  l  \
        .        '≧ ‐-<._   ´  \' .γ´∨  /    ヽ、
        .         ∨/////`≧    ヾ;;;}/〃 ∧/        ヽ
        .         ∨//////,'    〈;;;;;;;;〉         ,      ヘ
               > ´_∨/////{      〉;;〈         ,
              >  ´ ヽ、////.',    /;;;∧       !
               |      l/////}.    |;;;;;;;;;|        }
               i  、 、 ! トァ///.}   |;;;;;;;;;|        |
        .      ゝ ヽ_乂i |;;;」// ∧   l;;;;;;;;;l
                      ゝ ̄////.}   l;;;;;;;;;l

16 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:22:12 ID:1ySpUIJ.0



           身支度を済ませてから鏡に姿を映し、

           自分に不自然な点が何ら存在しないことを確認してから、玄関に向かった。




                         / ̄ ̄\
                        /   ノ  \
                        |    ( ⌒)(⌒)
                        |       | |
                           |       ___´___ノ   ……大丈夫、かな
                        |         }
                        ヽ     ヘミ|
                        /,` 、` -`,--` ,
                  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
                 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
                ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
                |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
                ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
                ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
                ;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
                ;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
                ;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

17 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:22:42 ID:1ySpUIJ.0



             靴棚から革靴を取り出して久しぶりに履いてみると、

             その窮屈さが少しむず痒い。




                          !      |'/∧
                          |        ! /L_
                         |        l / ̄〉
                        |       |  /∧
                       |     /`i ′,∧
                      |L... _     │ /'/∧.
                           「 ̄ `   /  ′/ ∧.
                        |..__ , /〕、   _」.
                      / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                         ∠.. _     /!-‐=ニ />..
                   ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
                r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´   トンットンッ
                iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
                `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´

18 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:23:17 ID:1ySpUIJ.0



           最後に、忘れ物が無いか学生カバンの中身をざっと一瞥して、

           およそ二十日ぶりとなる学校へと向かうべく、ドアノブを捻った……。




                                   / ̄ ̄\
                             / 「   へ  \
                        _           | (● ) (⌒ )  |
                       | !        |     |       |    ……よし、OKだな
                       | !        |   __`___   |
                       | !   ,.-,    |   `ー'´    |
                     _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       /
                    r `二ヽ ) i      ヽ _ _ ,  ト
                     |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
                      |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
                      |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ







                                , -‐ー― - ニ 、_  ,.‐'´
             ',     lllllllllli    ,.-‐''´           `゙´
              ',      illllllllli _ ,./  、                             _,.-
               i,.     illllllll(_  _ ,./. `ヾ,                    _ ,.‐ ''´
              i,    illllllllli/ ̄      メ              ,. - ''´
                 i,    illlllllr'‐'''""~~"''‐,,.   ` ゝ_ _   _ ,.- ''´
                i,    illll!'     (| i  ` 、   シ`   /'.,
               i,    illl      ""   、 ./   /;;;;;;;;',    ……ガチャッ
                 i,    illi、          i,.'   /;;;;;;;;;;;;;;;;i
                 i,    illllllli、          / .-''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
                 i,    illllllll| ~"'=‐--‐''´''´ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'







                            ──────────

                         ──────────────

                    ─────────────────────

               ────────────────────────────

19 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:23:45 ID:1ySpUIJ.0




          ――そして、高校生活二年目の登校初日。





            | ̄l\     .| ̄l\
          | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
       TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
        [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
        `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
        [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
        `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
        [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
        `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
        [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
        `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   _______
               |  |  |           |  | |慶林高等学校  |
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
    _______|_l/        .    .|_|__________________________





               この日、自分の学生生活が一変する、思いもよらない再会を果たすことになる…

20 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:24:13 ID:1ySpUIJ.0



          ――8時ちょうど。


             進級することになった自分の新しいクラス ・ 2Bに到着した。




                                  _,,. -‐_,,.´-‐ , - ̄ ¨| |l     l| |!
     ――――――――――――――‐‐‐‐r‐ _ ̄ -‐ ' 「r ´ ̄l |l    i| |l     l| |!
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ___ ̄ ̄`lTT´      |:|!   | |l    l| |l     l| |!
                     ||:::(::):::|     |:| |        |:|!   | |l    l| |l     l| |!
     ______           └─‐┘    |:| |        |:|!   | |l    l| |l     l| |!
     ―――――| ________.   |:| |        |:|!   | |l    l| |l   ___j| |!
     ::::::::::::::::::::::::::l | |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   |:| |        |:|!_ ..,,!_|l .―_¬ |ニニ -‐.| |!
     ::::::::::::::::::::::::::l | || 「 ̄ ̄|: : : : : : : : :||   |:| |        |:|-―¬| ̄  | |l     l| |!
     ::::::::::::::::::::::::::l | || |__.|─┐: : : : :||   ,.- 、     ,.-、_,..、_  | |l    l| |l     l| |!
     ::::::::::::::::::::::::::l | ||: : ::| ~~~~ |:: : : : ::||  ji ^ヘ!     {f^f{ハ.j.}.  |l  ,.-- 、    l| |!
     ::::::::::::::::::::::::::l | ||: :: :|____.!: : : : : || .f{外ハ|.    .rtハ々スヘ.  |l  j,、  ヘ    l| |!
     ――――― | ニニニニニニニニニニニニニ!/ 〃,リ      .j}`{^マ}Y ハ |l  t `り_{    l| |!
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 /`¬        t_ム{LLj. |.| .l f´ーt_,ノ`ー、.   l| |!
     ------------              〈_!i__|__    ___/__〃i |l_{.|___|i  {   ハ  l| |!
     __}_.∟∟∟∟.          r――亠―‐亠,.=亠-、‐亠_------ }j  lワ {, iニ.コ_
     __  ̄丁⌒ヽ. ──‐f´ ̄ ̄ ̄ ヽ ̄¨二ニ=----――-- ニ二_f´ }  j__ __,!  l_---_--_-_
     ‐う   !   {--_―亠―――‐亠‐亠‐- 二._丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,二--―く____ヽ  }―--- ニ
     _____,,..ュ.{    ヘ¬ー-ニ._ー-- ---------‐‐‐―`―‐‐ァ--r,-―――‐‐-、 ̄_ー----___
      ̄¨¨´ !    }ハ..._ { }   ̄iT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「{ l|j{{        }-- .}} ̄
          j    }¨し; ̄` 丶 、 l|.__________に_ ̄ .._ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨¨
     ___,,,...ノ___,,.....厂`     _____`_ヽ_________l_ |_!| r‐-   ̄二_‐-  .._
     ------------‐‐___―‐f' o          o}  | |..._    ̄丁 ‐-  ̄.二二二二二二
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |l            |  | |   ̄ ¬‐ .._     i |




             ……普段に比べると、少し早めの登校になる。

21 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:25:09 ID:1ySpUIJ.0



           座席の位置は出席番号順になっていると、

           正面玄関から入ってすぐのところに設置されていた生徒証交付所で既に聞かされた。




              ┏─────┓  . . ..::::::::::|  ||  ./
              │≡≡≡≡≡│  . . ...:::::::|  ||/     ||
              ┗─────┛    . . . .:::|  ||       ||  |  .
                  (◎)         . ..:::|  ||/     ||  .! :   :
                  ヽ|ノ          . .::|  ||       ||   | :   :
              __(__)_________|  ||       ||  | :   :
                              \|  ||    / ||  ,i :    :
               ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
              ==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕 __  ||    \.    ||  ,| ::   ::
              \||__\ ̄ ̄ ̄  / ┘ \      \  ||  i ::   :::
                \  ||\__  |  ( ● ー)      \,||  | :::   .:::
               ̄||.   ||\||   : |     ! )        \ | :::   ::::
               ̄||:   ||  || ̄ ̄ !   --/           ノ .::::   :::::
                ||      ||      ヽ   ノ  \         ゙^ヽ,  .:::::::
                         〔 /   ヽ、  \         `~、
               ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.. \




          自分の生徒証でクラス内の出席番号はわかるので、

          とりあえず、窓際にある自分の座席に着席。

23 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:25:47 ID:1ySpUIJ.0



        ――窓から、外の様子を眺める。




                          ̄   、
                      ´        \
               /              ヽ
                /                 ヽ
              '::::::::::::::                ヽ
              l:::::::::::::::::                  ヽ
                l:::::::::::::::::::              l
                 l::::::::::::::::::::::::               |    ……
             l::::::::::::::::::::::::::             !
             l::::::::::::::::::::::::::::            ノ
             l::::::::::::::::::::::::::::::             /
             !::::::::::::::::::::::::::::::        __/
             ,'::::::::::::::::::::::::::::::.          /
           ̄ `ー -:::::::::::::::::::.         /
                  `  、        /
          :.:.:.:.:.:...        、      /
          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
          ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
              ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\




           ただ、そうしているだけだが、何も考えてないでぼーっとしているわけではない。


           ……ちょっと、隣の人と目を合わせ辛いのだ。

24 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:26:15 ID:1ySpUIJ.0



           登校前は、新クラスの級友と親睦を深めるために

           早速隣の人あたりに話しかけたりしてみようか、などと計画していたのだが……。




                           / ̄ ̄\
                              / ノ   へ \
                              |  (ー)(ー) |
                            | /// |/// |   ……
                            |   __´___  ノ
                            |        }
                            ヽ       }
                        __,_,,.ヽ_   ノー- 、
                       ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
                       } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
                    r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
                   .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
                   .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
                  ―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
                       " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'




           ……今回の隣人は、自分にとって気軽にそんなことが出来るような相手じゃなかった。


           と、いうのも――

25 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:26:43 ID:1ySpUIJ.0



            ――実は、隣に居るその人は……




                            (⌒
                         ,`.:- ――-.、
                           /: : ::::: : : : : : : : `丶
                          / ::::::::::::: : : : : : : : : : : : \
                         /:::::::::::::::; :' :/: : : : : : : : : : '
                         i:::::::::::::::/:/:::::/.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.:',
                         i:::::::::::::::/:/:::::::// `ーー=、.:.:.:.:.:',
                         |'|::::::::::/:/::::::://       ト、::::::',
                     !:::;::::r/:::://  ─   -i:.::::::│
                          ハ;}::://:::/.|  ・   ・ i:::::::::i}
                      ハN:|i::::::::i|@,,    ,〃:::::/ノ
                      _八!|:::::i|     - ィ}}.::/
                         _/:::ヽ  !ヽ|´丶r≦::::/ノ
                        /ー- 、: \ ':!ヽ\j/
                       // ̄`丶\\\-―‐|lヽ
                       |{    ヽ:::ヽヽ::Yニニ!|!ト、
                       {   \  ヽ ヽヽi: : : |.|!| i
                     ( !    \.ハ::ヽ::i:.:. :|.|:l__i_




                          ……自分が長らく想いを寄せている子なのだ。

26 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:27:29 ID:1ySpUIJ.0



           ……そりゃあ、ちょっとした会話一つ交わすのにも勇気が必要になるわけで。




                                 / ̄ ̄\
                                 ノ  ヽ   \
                           (● )(ー )   |
                            |  |     u  |
                                |__`___ /// |   ……
                              |        .|
                                 l       /_.{
                                 アニニ<//〉、__ __
                                ,./ /\  / : : : : : : > : :\
                             _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
                           /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
                          ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
                           { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
                         / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
                        、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
                       / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
                      / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}




           今のところ、チラチラと横目で盗み見ているだけだ。

27 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:27:54 ID:1ySpUIJ.0



           ……もちろん、嬉しい。

           とても嬉しい。


           そのまま、その子と一気に親密になったり……などと考えるだけで心が躍る。





                         ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ


                                       / ̄ ̄\
                                       / ⌒ ⌒ \        _________
                                        |  (⌒) (⌒) |      /
                                       |///  │ ///|    /  よしっ!
                                    |   __´___  |  <
                                         |    |r┬ |   !    \  これで俺もリア充だ!
                                     ヽ    ゙ー′ }      \
                                    /⌒ヽ     ノヽ        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                    / rー'ゝ     〆ヽ
                                    /,ノヾ ,>    ヾ_ノ,|
                                    | ヽ〆        |´ |



                         ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ

                                            ○
                                      о
                                    。
                                     ___
                                    /    `丶
                           ,.. -‐---、....,.._/        \
                      ,r=‐‐‐-、   / ./  f´ ̄ `)   と´ヽ
                    ,/'~      ヽ.  { i    !   j     }! )
                   ノ.|         '! .{ .| y='==_:、,ノ   / )_!
                   / ゝ       !ノ. 人ノ   `ヽ  /<ニ!,
                 /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_.イ    s!
                 ノ    ヽ、     `y'    O/テノ!    .q
                /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
                            、   ∫     ノ./'、  |    .|
                            , .ゝ       //´  ヽ .}    |
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



            ……だが、現実はこうだ。



            好きな子を前に、頭を抱えて縮こまってしまって、情けない姿を晒している。


            全くもって、自分でも呆れてしまうほどのドヘタレっぷりだ……。



            ……でも……

28 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:28:30 ID:1ySpUIJ.0




            それでも……。

            こんな有様でも、自分の彼女への気持ちは確かに本物だ。




                  忘れもしない、彼女を好きになった日。


                  ……いつも、あの日のことを思い出しては、彼女への想いを募らせていた。




              ……彼女は今何をしてるだろうか、自分のことをどう思っているのだろうか、

                 またどこかで会えないだろうか、どうしたら会ってくれるだろうか、


                 ……自分が告白したら、付き合ってくれるだろうか。




             ……結局、何もアクションは起こせなかったが。

29 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:29:06 ID:1ySpUIJ.0




            そんなことを考えていると、


                     あの時の出来事が、再び脳裏に蘇ってきた――



.

30 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:29:31 ID:1ySpUIJ.0



                               ┌┐
                               └┘
                             ┌───┐
                             │      │
                             └───┘
                           ┌──────┐
                           │            │
                           │            │
                           └──────┘





              ――それは、去年の冬季休業の直前あたりだったろうか。



                 ……確か、課題のレポートを仕上げる必要があったので、

                 資料を借りるために図書室に居たのだと思う。





              ―――――、=i|| |               | || ,―――――――――
              ========、/| .|| |___________| || |\,================
              | | ||| | | |.l||゙ | .|| |_ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._ ._i| || | ゙||l.| | | ||| | | | | | | |
              |_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| | || || || || || || || | , -―- 、 || || | 、.|||,|_|_|_|||_|_| | | | | |
              三三三三]| ,| .|| |_||_||_||_||_||_||_||_|l:::::    l _|| || |, |]三三三三三三三三
              | 、.| || | | l||i.゙ | .|| |______  |::::::::::  | | || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
              |___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー――――― ヽ   .ノ  ‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
              三三三三]| .| .|| |           /   .ヽ  | || | ,|]三三三三三三三三
              |.| | |  |.、||| '' | .||/          ( |   | | ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
              |.|_|_|_|__|||  |='               ゝl  |'   ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
              三三三三]|, |               `.|_)    .| , |]三三三三三三三三
              _|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
              _|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
              ========'′                      `'.===============


                                                ______
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    l\
              /                              \   |\\

31 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:29:53 ID:1ySpUIJ.0



           その日は、参考になりそうな書籍が集められている本棚を片っ端から確認していた。





              | ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
              | |l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l| |   |
              | |___________________________| |   |
              | |._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._ ._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._ | |   |
              | |l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l| |   |
              | ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
              | ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
              | ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
              | |l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l| |   |
              | |___________________________| |   |
              | |._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._ ._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._ | |   |
              | |l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l| |   |
              | ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
              | ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
              | ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
              | |l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l| |   |
              | |___________________________| |   |
              | |._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._ ._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._ | |   |
              | |l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l| |   |

32 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:30:27 ID:1ySpUIJ.0



           大変な作業ではあったが、およそ30分をかけてようやく終わる目処を立てることが出来た。




               / ̄ ̄\
             /   「  /\'ー、       ,, ..,、
             |   (● /  .\` 、   . // /
       ……   .  |      /     \ 、,.// ../
             |     /        ``77   /
           .  ヽ   /          / /   /
              ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
              /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
              |. \   〈\.\,〉 `,  f
               | . \  (ヽ ヽ `..   |
               |    .\ \      ノ



                                      / ̄ ̄\
                                       -‐'  ヘ   \
                                      (ー)(ー )    |
                                       |  |      |    んー……
                                     |__`___    |
                                         |       .|
                                      l       /_.{     ……この本は、要らないな
                                      アニニ<//〉、__ __
                                     ,./ /\  / : : : : : : > : :\
                                  _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
                                /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
                \  パタン……  /   ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
                 \         /      { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'




            ……あとは、手にとった本が本当に必要なものかどうか吟味していけば良い。


            さっさと作業を終わらせるべく、本の概要のみを簡単に流し読みする行程に移った……。





                  - - -- ── ────────────────── ── -- - -
                       - - -- ── ──────────── ── -- - -
                               - - -- ─ ── ─ -- - -
                                    - -  - - -

33 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:30:51 ID:1ySpUIJ.0



        ――本の選別を半分ほど済ませた頃だったろうか。



                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   |  ……うーんっ |
                   ヽ______/



           ……妙な呻き声が耳に入った。

34 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:31:11 ID:1ySpUIJ.0



           最初は、時間が経てばいずれ静かになるだろうと思っていた。



        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      <   うぅ~~……
        \________      / ̄ ̄\
                         /   ─'   \
                         |    ( ●)(●)
                         |       | |
                         | U   __´___ノ
                       |         }     __
                          ヽ        / ̄ ̄⌒/⌒   /
                        (⌒ ヽ     /     /     /
                           \  \ ,(つ     /   ⊂)
                         | \   y(つ__./,__⊆)



           ……だが、その出どころのわからない呻き声は収まるどころか、

           自分が読書をしている間、絶え間なく延々と響いていた。

35 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:31:36 ID:1ySpUIJ.0



           当然、何があるのか気になったので、そちらを見遣ってみると……。




                           -‐ -
                        ,  ´      ` 、
                          /             ヽ
                       ′              i
                      ,   ___   -‐ 、:
                       {   ´          }
                            (● )  : (● )|   ……?
                                  {    i
                        :        _ }     :
                         、       __   /   クルッ
                           、} \  ¨ ‐ ` /     ノ
                          ∧\ ヽ、_  /  --‐'″ノ
                       /ニム  ヽ      |}マニ --‐'″
                _ -=≦ニニ|ニニム   ` ┐_〈  ト、ニニニ≧-
                    ≦ニニニニニニiニニニム   :i:::::::.、 }ムニニニニニ
                     ニニニニニニニ|ニニニム、 .' ー‐'::. !ニムニニニニニ
                  ニニニニニニニ ニニニニムヽ ::::::::::::.'ニニ=マニニニニ

36 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:31:55 ID:1ySpUIJ.0



           ――誰かが、本棚の最上部に手を伸ばしている様子が見えた。




                    | ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
                    | ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
                    | |l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l| |   |
                    | |___________________________| |   |
                    | |                                          | |   |
                    | |._. _. _ ._ ._. _.   「ハ  ._ ._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._ | |   |
                    | |l  ll  ll  ll  ll  ,.、   ハ.j |   ハ  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l| |   |
                    | ||  ||  ||  ||  || |.ハ / ′.!  ′!  ググッ…  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
                    | ||  ||  ||  ||  || |  |/  ′ ′ .′.'  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
                    | ||  ||  ||  ||  || |  |.  ,i  {   ′.'   ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
                    | ||  ||  ||  ||  || |  |  .}|  l ./  .' |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
                    | ||  ||  ||  ||  || |  j  ,リ  V  ′   zヶ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
                    | ||  ||  ||  ||  || l         .|  ./ /  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  || |   |
                              l          | .ノ }
                               ′        }'´  イ
                              ′          ,イ
                                 ′            ′     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             j           .イ       |  くぅーっ……   |
                             /_       /        ヽ_  _____/
                             , ィ:7´::/:::`ヽ  _ イ            ∨
                         /:77::::7::ミ、:ハ /

37 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:32:17 ID:1ySpUIJ.0



           ……それは、自分と同学年と思われる、小柄で控えめな感じのする女子だった。




                                _
                                 ´  `ヽ
                            ___ノ___, 、          ; /  '.
                         . .< : : : : : : : : : ; l ヽヽ.         /   |
                        /: : : : : : : : : : : : : :!  '; \     /     !;
                        /: : : : : : : : : : : : : : : : :}   '. : : ヽ   ; /      ./
                      /: : : : :{: : : : 、: : :ヽ: : : : ;    ! : : :ヘ ./     / ;
                    /: : : : : : : : : :人: : : : : : : : :|    l : :i: : ; /      ./
           .            |: : ; : : :/ : : / ヾ、: : : : : : |   .l: : :|: :/    /
                    | : ハ: : :|: : :/     `ー==二!   l ;  :! /    ./       ; . - .、
     うーん……            | : i: :'; :| ;ィ' ノ  r―-<  ;  /   L_/     ;    ;   . -‐ ´   /
                      ',::ト,::::ヾ:ハ ● ヽ   ヽ/        ./ゝ._. -‐ ´    _,  ´ ;
     あとちょっとなのに……   ヽハ:::::ト、 u   \   {                _.. -‐ ´
                       \:::八 @   _ヘ                ,r ´_.. -‐  ´ ̄ ) ;
                        ヾ:::::>....,    }                ̄    _  -― '´
                            '.,:{ ∨ノ `rく.ト、             >―  ´  ;    プルプル……
                          ゞ{´//|. l! !  ̄`丶        /
                             /// 「  '. .l! '.      ヽ__,  '  ;
                           /// ./   ヽ ヽ.ヽ  , <
                           /// ./     ヽ ヽ `丶  ||

38 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:32:47 ID:1ySpUIJ.0



           一心になって背伸びをしつつジャンプしているが、その小さな手は空を切るばかりだ。




       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                          / ̄ ̄\
       <  くっ こっ、このっ!                          /    へ  \
       \_________                         (● )(● )   |
                                               |  |     u  |
                  (あれ、どう頑張っても届かないよな……)     | ___`___    |
                                              |         |
                                             r'ニ二ヽ_     |
                                             ノ´─‐、)' ,ハ     /
                                          |. ご,¨lノー' /    \
                                          | ‘ーァ′/       |

39 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:33:16 ID:1ySpUIJ.0


                     / ̄ ̄\
                 /   `ヽ  \
                 (● )(ー )   |
                  |  |       |     しょーがない、手伝ってやるか……
                 | ___`___    |
                  |           |、
                    |         / \
                   ヽ      / >  冫
                  /        ´ /
                  |        /
                  |       |





           ……いつ終わるとも知れない徒労を続ける彼女の様子を見かねたので、

           彼女の傍らに歩み寄り、本を代わりに取ってあげることにした。





                         !       i
                           ,L. __    /'
                           Y´ ̄二 /〉
                            |       /!
                           |    ./ 」!
                         l       !l
                              |        |ム
                            │     | ∧
                          !      |'/∧
                          |        ! /L_
                               |        l / ̄〉
                              |       |  /∧
                             |     /`i ′,∧
                            |L... _     │ /'/∧.
                           「 ̄ `   /  ′/ ∧.
                              |..__ , /〕、   _」.
                            / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                         ∠.. _     /!-‐=ニ />..  スタッ…
                         ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉    スタッ…
                      r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
                      iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
                      `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´

40 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:33:42 ID:1ySpUIJ.0



                                           / ̄ ̄\
                                      「   ヘ   \
                                     (●)(● )   |
      ……なあ                          |  |      |
                                          |__`___    |
                                        |       .|
      さっきから頑張ってるみたいだけど、           ll       /_.{
                                      アニニ<//〉、__ __
      どの本が取りたいんだ?                   ,./ /\  / : : : : : : > : :\
                                       _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
             |  えっ……   |            ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
            ヽ______/         { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
                               / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
                                  、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
                                 / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}




                / ̄ ̄\
                「   へ   \
              (●)(ー.)   |
             |  |       |
             l __`___,     !    ほら、どれなのか言ってくれれば取ってやるからさ
             l       {
                 、______ .ィ-ート、
                 V/_:_ュ:-:-: ヽ     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 {ャ< : : : : : : : : :.     |  あっ……   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                /ー-、: : : : : : : : : :'.,   ヽ_____  えーっと、あそこの赤い背表紙の本っす……   }
     「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,            入___________________ノ
      } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
      i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |   ……あれかな
      { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
      \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|
       \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|

41 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:34:15 ID:1ySpUIJ.0




                              ∩/ノ
                  __           ゝ`,ィ
              / 」 ヽ\       / ,r'
            / (●)(●)\     / /
            |       |     |    / ./    ……よ、っと
             |    ___´__  |     /  /
             |         |  ,r" .,r'
             ヽ      ノ ./  /
             ヽ     / '" /
             ,.-'      ./
          ,r'"       ',





                                   ,. ‐''"``'' -、
                                .r''"       ,>
                        .    ///// ‐ _.,.. ‐''":/
                          /////   /::::::::::/
                            / /     /:::::::::/
                             / '     /:::::::/´ヽ
                            ///    /::::, '-、  ノ   …ぱしっ
                         ///  // /::::/ ,ノ/ヽ
                         / /    /:::::::ゝ'"  ノ
                          /     /::::::i´、ノ ,/ヽ
                       ///  /, /::::::::`ァ‐'"  ,.ノ
                      ///  ///::::::::::,へ、,. イ

42 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:34:33 ID:1ySpUIJ.0


                                               / ̄ ̄\
                                               「   へ   \
                                             (●)(●)    |
                                ふぅ……          |  |       |
                                        r"      l __`___,     !
                                       (   =‐'  l       {
            ほら、取りたかった本って、これだよな?    ゝ-'     、______ .ィ-ート、
                                                V/_:_ュ:-:-: ヽ
                                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ      {ャ< : : : : : : : : :.
                                 | ┏───┓ ∥|     /ー-、: : : : : : : : : :'.,





                   l l.    //
                   l l   //
          (⌒
         ,..::'` ̄ ̄`:ー-、     ニニ
         /.:.:.:.:./\:.:.:.:.ヽ:\
       /: :/:.:.:./    `ー-=、ゝヘ
       |:.:.:i:.:.:.:l  ⌒   ⌒ ト、:ハ
       |:.(|:.:.从  ・   ・ l:.i/
       ヾ:.ヾ:.:.:.!@,, r‐ァ ,j:|ソ
        ヾ、ヾゝ、   ̄,ノ!//
         / ヽ{  ト、ヽ l:′
        ∧\  マ三ソ| \
          /: : \\ ヾ-〃 /∧

43 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:35:46 ID:1ySpUIJ.0



        ――別に本を取ってあげただけだ。

           大したことはしてあげていないが、彼女は最高の笑顔を見せてくれた。




                 , -―- 、
                /     ヽ
                   {
             __!, -―--ミ
     .      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ
     .     〃:::::/:::::::イ:ハ::::::::::::::ヽ::ヽ::\
     .    /::::::〃:::::::/::::/ ,:::::::::::::::ヽヽ::::ヽ
        /::::::/::::::::::/::イ  ヽ::::::::::::::::::ヾ:::::::',    n __  ___
     .  /::::::/::::::::::イ斗.ト   ヽ::-‐-::::::}::::::::}    | |└‐tノ └ーtノ  __
     .  ,'::/::;':::::::::::∧/      \::::}::、ヽ::::::!   U につ  广ー┐  つ) ..
     .  !∧::{::::::::::イ   ⌒    ⌒ ヽ!::リ``:ト{           ̄ ̄
        ヽ:ヽ:::/::!@//    ,  //@/::::::::从
         ヽ{/:::イ:::ヽ    r-,   イ::::}::::∧i   うん、そうっす!
           ヽハ:川` 、    イ:::{::::::l::/ '
            rへヽ   `´{::::人::!::::リ/
           イ ∨∧ ヽ   |/ 〉ヽ、/´      ……ありがとう!
         f´ ヽ.  ∨∧  /只< /} リ `ト
         i ヽヽ、 \ \〈 i ∨∧/ イ/ i
         |   ヽ`i  `` /r―――- / .}
         |.     j , -‐≧--ミ__ |  〉
         |   /      ',   ’   ア l
         j 〃        |  }   ノ |
     .   //         }  }⌒イ  .|
       /        /  ノ     j   !
       ヽ            / ̄ ̄ ̄
        ヽ ____/




           ……何だか、その笑顔がとても眩しくて……。


.

44 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:36:40 ID:1ySpUIJ.0



           ……言い様のない、胸の高鳴りを感じた。




                          / ̄ ̄\
                             /  `ヽ   \
              .            (●)(● )   |        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        | |         |    ::::::::::::            :::::::::::
                        l __`___ ///  |    ::::::::::::    ドキッ……    :::::::::::
                           { `ー'´      l     ::::::::::::             :::::::::::
                             {        /      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                        __\     /リ 厂`'‐- .._
                    / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                     | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                    | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                    | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |




                   それは、それまでに味わったことのない感覚だった。

45 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:37:14 ID:1ySpUIJ.0



           ……とても心地良く、……それでいて、自分を落ち着かせられなくなってしまう……。


           そういう、不思議で理解し難い気分になった。




                              / ̄ ̄\
                            /   _ノ  \
                            |    ( ー)(ー)
                            |   ///   | |
         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         | u    __´___|
       ::::::::::::            :::::::::::      |         }
      ::::::::::::   ドキドキ……   :::::::::::     ヽ     ヘミ|
       ::::::::::::             :::::::::::      /,` 、` -`,--` ,
         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |       (あれ、俺……)
                     /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
                    ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
                    |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|    (……どうしたんだ?)
                    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
                    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
                    ;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、

46 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:37:41 ID:1ySpUIJ.0



                                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              ::::::::::::            :::::::::::
                               ::::::::::::    ドキッドキッ     :::::::::::
                                ::::::::::::             :::::::::::
                                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


             ――彼女の目の前に居る気恥ずかしさ。刻一刻と高まる胸の動悸。


              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::            :::::::::::
           ::::::::::::    ドキッドキッ     :::::::::::
             ::::::::::::             :::::::::::
             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


.

48 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:38:28 ID:1ySpUIJ.0



           ……理由も分からないままに湧き上がるそれらに耐えられなくなった自分は、

           そそくさとその場を後にすることにした。




               ─ -
            /      \
     .     , '          '
          /            |
           i ノ    ヽ、     |
          |               |    じゃあ、俺、もう戻らないといけないから……
     .      ( ⌒) ( ⌒)     |
                   /|/|/ {
             |        ハ 、
             ヽ 、`_ ノ   ./ / }..\
           , -.\     / /  l::::}::::..... _
         /i::::::::::::l:::i. ̄、 ./    l:::::i:::::::::::::, '::ヽ
        /:::::i::::::::::::l::::l  〉∧   ./:::::l::::::::::,:::::::::::::ヽ
       /::::::i::::::::::::l:::∥./i:::::iヘ  ./:::::::l:::::::::i::::::::::::::::::l
       /:::::::::i::::::::::!::::l.∨.{::_::}∧/::::::::::l:::::::::i:::::::::::::::::::
      /::::::::::::i::::::/:::::|   l::::::l  ./::::::::::l:::::::::i:::::::::::::::::::
     ../::::::::::::::i::::/::::::l  l:::::::l  ./::::::::::::l::::::::i::::::::::::::::::::
     ./:::::::::::::::i::/::::::::l   l::::::::l /::::::::::::::l::::::::i::::::::::::::::::::





                                                  ⌒)
                                              ,,-‐'´ ̄ ̄´ー-.、
                                            ,ィ'´; : : : : : : : : : : : :ヽ
                                               /: ;イ: /\ : : ヽ、: : : ヘ   , η
                                          ,′八/   `ー-=、 : : : |   。´ っ
                         ……あっ            i / i:/ /    \ ヾ: : :|  ,、 ゞ
                                           |′lイi ・     ・  ゞ:、:i:|  ヾ)
                         ちょっと待って欲しいっす!   '1(   _   @i: Ⅳi
                                                |: :\ (   ヽ _ イイ.:/
                                                Ⅵ/,ィ≧ー≦、7;イ;/
                                                 ,イ´ 〈ニ.ニ7  ∧
                                            ∧  ヾ-/ //',
                                              i:::::\_ り//:::::::l
                                                !:::::::::::::|<V>|:::::::::::::i

49 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:38:52 ID:1ySpUIJ.0



           ……後になって思ってみれば、この時、彼女に一目惚れしてしまったのだろう。




                                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_      |  トッ トッ トッ トッ……   |
                         /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ    ヽ________/
                     /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ
                       /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{
                    l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、
                    \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',
                       ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\
                                   `ヽ.:.::::::::::::丶
                                       ∨.:::::::::::ハ
                                      ∨/.:::::::::::}
                                     V.::::::::::::::ヽ
                                       〈.:::::::::::::::::::}
                                          Y.::::::::::::::入
                                       ` ー=≦∨〉
                                         }主}`ヽ/
                                          j主j_ ,ノ|
                                      /ー‐ヘ.ノ
                                        {ー‐彡'




                   だけど、心に余裕なんか無くて……


                              その時は、わからなかった。

50 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:39:54 ID:1ySpUIJ.0





                     その日、彼女を一人残して逃げるように立ち去ってしまって……

                後になって自分の気持ちに気付いても、奥手で何も行動を起こせなかった自分は、

                   クラスが違う彼女と接することの出来る機会をまるで作れなかった。



                 ……何度となく、あの時に自分の気持ちと向き合わなかったことを後悔した。






                  ────────────────────────────

                       ─────────────────────

                            ──────────────

                               ──────────

51 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:40:25 ID:1ySpUIJ.0



        ――既に、あれから4ヶ月近くが経っている。


           ……今は、彼女のことが好きだという気持ちにはっきりとした自覚があるし、

           時が経とうとそれはなお変わっていない。




              / ̄ ̄\
            /   -‐'  \
            | U  ( ●)(●)
               |    ///  |  l   ……
             |      ___´__ノ
              l^l^ln        }
              ヽ   L       }
             ゝ  ノ    ノ
           /   /     \
          /   /        \
         /    /        -一'''''''ー-、.
        人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))




           ……だが、再び彼女を前にしてみると、

           どうしても独特の気まずさを感じてしまい、気が引ける。

.

52 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:41:03 ID:1ySpUIJ.0



           心の中には、「彼女と仲良くなりたい」という欲求も当然立ち現れている。


           ……そして、黙っていてもそれが叶わぬことも分かりきっている。




                                 / ̄ ̄\
                            /    (ヽ(`_
                            |  U   rヽ`ヽ、`ヽ  ……
                            |      i i_)   〉
                           _|_____.   ヽ     ト__
                        ---イ――--.、ヽ ヽ _ / ::::::: ',
                     /:::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ.´_ノ〈:::::::::::::::: ',
                   /:::::::::::::::::::::::::::/ ::::::::::`ヽゝ V:::::::::::::::: ',
                  /:::::::::::::::::::::::::::/::::/::::::::::  ヽ  V:::::::::::::::: ',
                 /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/:::::::::::::::_ __ヽ-ト、::::::::::::::: ',
                 /::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::''''''''""::::::::::::::\:::::::::::::::: l




           ……それでも、最初の一歩を足踏みしてしまい、なかなか先へ踏み出せない。

           ただ、自分の心を無理やり抑え込んで、結論を先延ばしにしているだけ……。



              - - -- ── ────────────────── ── -- - -
                   - - -- ── ──────────── ── -- - -
                           - - -- ─ ── ─ -- - -
                                - -  - - -

53 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:42:00 ID:1ySpUIJ.0



           それから、どれほど時間が経っただろうか。


           ……うじうじと迷い続けていたが、どうにか覚悟を決められた。




                              -‐ -
                       ,  ´      ` 、
                    /             ヽ
                       ′              i
                      ,   ___    __  :
                        {   ´          }
                         ( ー)  : ( ー)|   (やるしか、ないよな)
                                 {    i
                    :        _ }     :
                          、       __   /
                        、} \  ¨ ‐ ` /
                        ∧\ ヽ、_  /
                       /ニム  ヽ      |}マニ=- _
                  _ -=≦ニニ|ニニム   ` ┐_〈  ト、ニニニ≧-
            ≦ニニニニニニiニニニム   :i:::::::.、 }ムニニニニニ
              ニニニニニニニ|ニニニム、 .' ー‐'::. !ニムニニニニニ
              ニニニニニニニ ニニニニムヽ ::::::::::::.'ニニ=マニニニニ
              ニニニニニニニニiニニニニム \::::/ !ニニ7ニニニニニ

54 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:43:26 ID:1ySpUIJ.0



        ――この機会は、またとない幸運なチャンスだ。


           これを逃せば、もう、きっと後は無い。




                             / ̄ ̄\
                           /   「    \
                             |   ( ⌒)(⌒)
                .          |       | |   ……あのさ
                .          |  /// __´___ノ
                             |     `ー'´}
                         /\       }
                        /::::::::\       ノ
                .      /:::::::::::::::::::\ ,一
                     /::::::::::::::::::::ヽ`エ
                   /::::::::::;::-─:::::::: : :ヽ∨
                .   /:::::::/: : : :::::::ヽ:::\: ゙|






                               _
                        く\     |│   /7
                         \>   Ll   //
                             _
                              ´  `ヽ
                                ――ノ. .
                        :´: : : : : : : : : : : : : :`: : .
                        : ´: : : : : : : /: : : i: :`ヾ \: : : :.\
                      : ´ ´ : : : : :./ : ;': : : : | : : : : : : ヽ: : : :)ヽ
                : :´イ; : :. :./: : :./ : : | : : : :l: : :\: : : : :. ー: :.:ヘ
               ̄  /:/: : : :/: : :./: :/\ : : !: : : : :ヽ: : : :. : : : : .:.
               / ; イ / : /: : /:i/   \: : :、 : : : :ヽ: : :i : : : : :i
                / / / ': : :': : :.i/       ヽ、: : : : : : : : |:. :.:i: : :.
              '.:/ ':.:|: : :|!: : ;′        `ー-==、: : |:. :.:|:.:.:i:..
                 |/  |: :|: : :|l: : |  ──      ── ヾ;ハ: :l: : ト、:..
                 {'   |: :|: : 八: :l    ●        ●  メ' : : : |: : ! `\
                   |: ハ: i:.小ハ               ハ /: /):.:.|
                   |:' 从:.:|: ヾ:.@      '     @ムイ:.:/イ∧乂
                   八! ヾ : iハ        _      ; : : イ ノ′
                        ∨: : ヽ          イ: :/}'
                        ハ: : 从:>      .< /: :i
                       人: :.| ヾ小 ≧≦ 小/: ヘ{
                           >乂:. :r'       ノイ \
                     / : : : : :| __   /:. :.: :.:\
                        イ:. :. :. :. :. :|´__ `:/:.: :.: :.: :. :.\




           あの時以来味わっていた、胸が詰まりそうな思いを、もう終わりにできる。


.

55 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:43:57 ID:1ySpUIJ.0


                                         , -―=ミ  、
                                         ´     `ヽ }
                                               }/
                                           _ r-‐ノ-―-ミ
                                        /:::::/::::`ヽ::::::::::ヽ::::::::\
                                       /::::/::::{::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ:::::::ヽ       __
                                     〃::::::::;':::::ハ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ::::::ヽ    <´__,)
                                     イ::::::;'::::{:::::{ ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::';:::::、:ヽ    __
                                  |::::::{:::::|::::ハ   \::::__:::ヽ:::::::::}:::::::ヽ:}   `、_)
                                  !::::::|:::::从     ヽ、:::::`ヽ}、::|:::ヽ::::ヽ
                        えっと……     ,::::l:::::f斗      ●`ヽ::|::::::l::::::ト:::::::}
                                     ',:::::::ヽ::::{ ●       @:::::人::::} ヽソ
                                  ハ::::::::ヽ@         ィ::/::::ヽノ /
                        な、何すか?     ヽ:::::::::人     r , / {;':::::::∧〈
                                   \/:::::::::>‐- r ´  !::人/::::ヾ
                                     \::::::从人::j     ヽ、´ `
                                       ヽ _ ノ´ ヽ       / ̄ヽ





                   / ̄ ̄\
                /  「    \
                 |   ( ●)(●)   ……あー
                 |   U     |│
                 |   /// ___´__|
                 |  u.  ´    }    そ、その……
                 ヽ      u }
               ヽ     ノ
       _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
      /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
     丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
    . i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|




        ――顔が火照る、喉が渇く、言葉が出なくなる……。


           ……それでも、一度話しかけてしまった以上、後戻りは出来ない。

56 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:44:38 ID:1ySpUIJ.0



           働いてくれない頭を必死に回転させて、

           言いたいことを伝えるのに最低限必要な言葉をなんとか絞り出す。




                    __
                     ./   \-一ヽ、 __r‐- 、
                    ./   ノ  \ 7    7 } : : : :\__
                 |   ( ⌒)(⌒)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、__
                 | u     |  |‐-─≦/ : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、    覚えて……ないか?
                 |  ///  __´__ |    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                 |          |         `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : }
                 } 、      /        _,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/   去年、図書室で……
                 ハ、 `  ─ ィ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
             _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
          _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
      , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
      /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
     f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!/  ̄






                                                   ⌒)
                                                ,.:-‐'´ ̄~´ヽ、
                                                 /:./\:.:.:.:.ヽ:.:.:\
                                             /:.:./    `ー-=、ゝ:.:.:ヽ
                                                〃:.:.l ⌒   ⌒  ,ゞ:.:.:.:.:|
                                    ……あっ   レ!小l ・  ・   从:|)`ノ
                                                 レ|ヘ  ヤコ  ,@/:ソノ´
                                              レ'.ゝ、    イレ'ソ
                                                  ,イ ヒミア   ヽ
                                                 /! l l /    , イ}
                                             /:::l l l /  . イ::::::: |
                                                /バヘlレ"イ::::::: |::::::::|
                                            /::ヾ:::>大〈|::::::::::|::::::::|
                                               {:::::::::::}/| トイ::::::::::|::::::::|
                                               ヽ::://|| | |:::::::::::|::::::::|

57 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:45:45 ID:1ySpUIJ.0


                (⌒
               ,..::'` ̄ ̄`:ー-、
               /.:.:.:.:./\:.:.:.:.ヽ:\
             /: :/:.:.:./    `ー-=、ゝヘ
             |:.:.:i:.:.:.:l  ⌒   ⌒ ト、:ハ
             |:.(|:.:.从  ・   ・  l:.i/    j^l
             ヾ:.ヾ:.:.:.!@,, r‐ァ ,j:|ソ     .r' _ヘ、    ……あの時、本を取ってくれた人っすか?
              ヾ、ヾゝ、   ̄,ノ!//    {__ヽ_,,〉
                  _,.:-‐'´{' ̄ヽ〉ー- .、    /::: ̄::}
            r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
             /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
              {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/




                                             / ̄ ̄\
                                              「   ヘ   \
                                            (⌒)(⌒ )   |
                     ……良かった、覚えていてくれたんだな    |  |      |
                                            |__`___ ///  |
                                                | `ー´    |
                                             l       /_.{
                                             アニニ<//〉、__ __
                                            ,./ /\  / : : : : : : > : :\
                                         _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
                                       /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
                                      ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
                                       { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'

58 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:46:50 ID:1ySpUIJ.0



           完全に忘れられているとか、そもそも嫌われているとか、そういったことはなさそうに見える。


           ……とりあえずは一安心だ。



                    __
                ,r'´   `
             {
                 ヽ
            ,. ':.`:.:. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:.:.` 、_
          ,r'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` 、
           ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.、
        ,':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽ
       ,':.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:/\:.:.:.:.:.:i:.:.:.:\:.\:.:,ハ
        |:.:.:.:.:|:./:.:.:.:./:.:/:.:/    ヽ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.!:.:.:.|:.:.:.:.|
        |:.:.:.:.:|:i:.:.:.:./:.:/:.:/       `ー-==、:.l:.:.:.:!:.:.il:.!    本を取ってくれたと思ったら、すぐにどこかに行っちゃって……
        |:.:.:.:.:|:ト、:.:.|:.:/:.:/  ⌒       ⌒ ヽ!:.:.:.|:.:∧!
        |:.i:.:.:.N:.:\!/:.:/   ●     ●  |:ヽ;'j/
        |:.|:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:〈 @     、   @|:.:.:.;ハ      結局、あれからまともに会うこともなかったっすけど、
        |;ハ:.:.:.!:.\:.:.:.:.:ヽ、         ,人:.ハ:.:!
         '′\|:.:.:.:.\:.:.:.〈     r-‐ ,  ,.イ、:.:.|:! j/      しっかり覚えてるっす!
              ヾ、:i:.:.ヽ:.:.:\  .._`こ イ´  ヾハ|
            ,. 、ヾト、ト、>ー-ヽ   { `ヽ、
       ,ィ;';';'`ヽ\\:. :. :. :ヽ-'´ ̄\ヽ ー 、_
       ,イ;';';';';';';';';'\ヽヽ:.__ヽ===、`}:. :. :.} }丶

59 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:47:53 ID:1ySpUIJ.0



        ――すると、不意に彼女は机から何か紙切れを取り出した。



                                           ⌒)
                                          ,、.. -‐ ―一´- .、
                                        , :´: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                     ハ: : : : : /`ヽ、: : : ヽ: : : : : : ',
                                   ,イ: : : : :ソ    `ー-=二ゝ: : : : :l
                                     l : : イ  ⌒   ⌒   〉: : ;ハl
            そうだ、私の隣ってことは、       lハ从   ・     ・   /; : : /
                                        ヾ: ゝ@,,   ,,@.イ: ;ハ/
                                         ヾl ヽ、 _ ^ _ ,. イ l/
                名前は……                 /  |__/  ヽ
                                      /\   |__,/  /\
                                          \ │ / /
                                        _ ________
                                r―-''''''""""¨        |
                              l              |
                               ,.'-‐-、            |
                              〈_,.rニ=、               |
                              ( r_rk=ニ、              |
                              λ _,.-‐く            |
                               K_,.-‐''"            |
                                |__,,,......--―─='''''''' ̄"







                (⊃ ̄ ̄\
              (⊃   「   \  '_
             (⊃   ( ●)(●)  、
              |       |  |       ……ん?
                 |     __´___ノ
                  |     `ー'´ } \     それ、何だ?
                /ヽ        }.  \
            /   ヽ、.,____ノ      )
           /        .   | _/
          |         / ̄ ̄(_)
           \   \ /| JJJ (
            \  /   /⊂_)

60 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:48:34 ID:1ySpUIJ.0


                                                            ⌒)
                                                   ,.:-‐'´ ̄~´ヽ、
                                                  /:./\:.:.:.:.ヽ:.:.:\
                                                  /:.:./    `ー-=、ゝ:.:.:ヽ
                           ああ、これはクラス名簿っすよ     〃:.:.l  -‐   ‐-  ,ゞ:.:.:.:.:|
                                                  レ!小l =  =   从:|)`ノ
       教室に来る時に、すれ違った担任の先生がわざわざくれたっす     レ|ヘ   、_,  ,@/:ソノ´
                                                   レ'.ゝ     イレ'ソ
                                                    ,イ´ 〈ニ.ニ7  ∧
                                  ……マメな人っすよねぇ      ∧  ヾ-/ //',
                                                  i:::::\_ り//:::::::l




           (⌒
          ,..::'` ̄ ̄`:ー-、
          /.:.:.:.:./\:.:.:.:.ヽ:\
        /: :/:.:.:./    `ー-=、ゝヘ
        |:.:.:i:.:.:.:l  ⌒   ⌒ ト、:ハ      ……良かったら、見てみるっすか?
        |:.(|:.:.从  ・   ・ l:.i/∩/ノ
        ヾ:.ヾ:.:.:.!@,, l マ .,j:|ソ .ゝ`,ィ
         ヾ、ヾゝ、  ` .,ノ!// / /
          / ヽ{  ト、ヽ l:'、 / /
         ∧\  マ三ソ| ヽ ' /

61 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:49:03 ID:1ySpUIJ.0



        ――彼女と一緒に、クラス名簿を覗き込む。

           ……つまり、彼女とより距離を縮めるということになる。


           隣に座っているだけでいっぱいいっぱいなのだ、どうしても躊躇してしまう。



                                __
                  / ̄ ̄\    <´__,)
                 /   ノ  \   _
                 |    ( ⌒)(⌒) `、_.)
                 |       | |
         .        |   /// ___´___ノ      ええっと
                 |         }
                 ヽ     ヘミ|       ……い、良いのか?
                 /,` 、` -`,--` ,
           __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
          /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
         ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
         |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ




                                       , -―=ミ  、
                                       ´     `ヽ }
                                             }/
                                         _ r-‐ノ-―-ミ
                                      /:::::/::::`ヽ::::::::::ヽ::::::::\
                                     /::::/::::{::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ:::::::ヽ
                                   〃::::::::;':::::ハ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::ヽ::::::ヽ
                                   イ::::::;'::::{:::::{ ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::';:::::、:ヽ
            ……?                      |::::::{:::::|::::ハ   \::::__:::ヽ:::::::::}:::::::ヽ:}
                                      !::::::|:::::从     ヽ、:::::`ヽ}、::|:::ヽ::::ヽ
              別に、全然構わないっすよ……?  ,::::l:::::f斗      ●`ヽ::|::::::l::::::ト:::::::}
                                   ',:::::::ヽ::::{ ●       @:::::人::::} ヽソ
                                      ハ::::::::ヽ@         ィ::/::::ヽノ /
                                     ヽ:::::::::人     r , / {;':::::::∧〈
                                       \/:::::::::>‐- r ´  !::人/::::ヾ
                                         \::::::从人::j     ヽ、´ `
                                           ヽ _ ノ´ ヽ       / ̄ヽ




            ……しかし、下手に戸惑っては、彼女に自分の気持ちを悟られてしまいかねない。

62 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:50:02 ID:1ySpUIJ.0



           ……極力、何でもないように繕いながら、彼女の方に身を乗り出した。




                         / ̄ ̄\
                       /   「    \
                   |   ( ●)(●)
                   |       | |
                   |   ///  __´___ノ    じゃあ、お言葉に甘えて……
                   |     `ー'´}
                     /\       }
                    /::::::::\       ノ
               /:::::::::::::::::::\ ,一
              /::::::::::::::::::::ヽ`エ
             /::::::::::;::-─:::::::: : :ヽ∨
            /:::::::/: : : :::::::ヽ:::\: ゙|
           /:::::::/: : : : :::::::::::::|::::::::} j
          /:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/
          /:::::::/: : : ::::::::::::::::/::::::/:/




                                        ,. ''"``ヾ:、
                                             i:〉
                                             ,ノ'′
                                         ,  ' ´ ̄´ ̄ ̄ ̄` ' 、
                                     /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                      /:::::/|:::::::::::::.ヽ:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                    /:::::::/   |:ト:::::::::::.ヽ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                   ':::::::/    |:| ',:::::::::::.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                   l::::::::′   l:| \:::::::::.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                    l:::::::l  ̄ヽ l:|  __ゝ::::::::.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ
                                   l :::::l     ヽ    `<:::.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:}
                         はい、どうぞ       |::ト、| ●            、:.:ヽ:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l
                                  |:j |.        ●    .ヽ:.:.:.;.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ヽ_
                                  レ. l   ,            }:.:.;.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:iー'⌒
                                        '、@             .ノイ、:.:.:.:.:.:ヽ:,ヘl
                      .        /¨l       \ `マ: :‐┐  @   ζソ、:.:.:.:.:l/ .!
                             / /        \ `ー‐'    .イ ∧:::/ ̄ ̄ ´
                            ノ /            ` -r ' ´   ./ V
                           ∠ /           _l       '
                         /__ \/.)     ,.  :'´:__/      |__
                        / _ \ | / ,ィf.:.:.:.:.:.:.:./    ,.  :'´.:.:.:{
                      . / _  }_/7/,イ:l |.:.:.:.:.:./\ ,. :'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

63 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:50:36 ID:1ySpUIJ.0



        ――クラスメイト全員と、お互いの名前を名簿で確認するのは良いのだが……。

           やはり、目の前にある彼女の顔に意識が向いてしまう。




             / ̄ ̄\
           /   「  \
           |   ( ●)(ー)
           |       | |    ここは窓際で後列の方の席だから…
           |   /// __´_ノ
           |     `ーnl^l^l  (すごく、近いよな……
            ヽ      |   ノ
             ヽ    ヽ く     なんか、良い匂いがするし……)
             /     ヽ \





                       _
                       ´  )
                  , ' ´ ̄ ̄´ ̄ `ヽ、
               /: : : : : : : : : : : : : : : \
              /: : : : : :入: : : : : :ヽ: : : : : :ヽ
            /: : : : :/  ヽ、: : : : :ヽ、: : : :l
             l : : : :/       `ー-==、: : : : :l
              l : : : :|   ─     ─ ,从 : : ハ   ……あった、これっすね
              Nト、: :l   ・     ・  イ: : : :l
              ヽ!: :ヽ.@    ,    @/: : ∧l
               ヾト: :ゝ、   o    イ: : :ハ
                ヽハl > ー ‐ <、ヽ;/
                _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
              /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
             /  | l:l   l     l   l::l l
             l  ヽハ    l    l  //  |

64 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:51:49 ID:1ySpUIJ.0



           まだここに来ていないであろう知り合いの名前もちらりと見えた気がしたが、

           ……まるで頭に入らない。




                     _
                      ´  `ヽ
                       ___ノ__
                . < : : : : : : : : : : > .
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
               /: : : : : : : : ;、: :: : : :ヽ: : : : : : : .
             ; : : : : : : ,': :ハ: : : : : : :ヽ: : : : : : :.
             .: : : : : : :/ :/  ヽ、: : : : : :ヽ : : : : :.    へぇ、できない夫くん、っていうんすか?
           ノ {:/: : : :.ムイ    `ー-=二、: : : : :ト、
           く:≪:.{: : : : : :/  ⌒    ⌒  ,}: }: : : :.l:: )    ……初めて知ったっす
            ヾ ,ハ:{ : 人{.   ・     ・  /:.ノ: : :.:lノ、
      .        }:: }ヘ/:.:/\@   、  @イ : : ハ:ト、:.、
            l::/:/{:.:ハ: {人    -‐ァ  . 仏イ/:::}|:: \
      .      /:/: |:{ :乂 :::.`≧=- -<:::}:::/:::: リ:/  )
              ,':/ヽ从::::::::::::::\┘   `¨|::::::::::::::イ- 、
      .       乂  ,><;;::::::::: \‐== ┤::::::::/ {   \
              /    {ヾ三::::::\: : : :!:::::::/ :/ | /   `






                                             / ̄ ̄\
                                           / ノ  ⌒ \
          まあ、あの時は名前も教えなかったからな……   |  (⌒)(⌒) |
                                          |///  | /// |
                                        |   __´___   j
                そっちは……、               |   `ー'´  }
                                        ヽ       }
                 えっと……、加代……さん?          ヽ     ノ
                                         /    く




           ……好きな女の子が間近に居るだけで、こんなに体が熱くなる。

65 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:52:45 ID:1ySpUIJ.0



        ――途端、思わず彼女を名前で呼んでしまったことに気づく。




            / ̄ ̄\
          /   「   \
          |    ( ●)(●)
         . |        |│   ……あっ
           |  /// ___´__|
         .  |     ´ー‐‐}
         .  ヽ       }
            ヽ     ノ
            /    く






                                            / ̄ ̄\
                                           / `ー    \
                               .         (ー)(ー )     |
                    ……その                        |  |      u  |
                                         l___`___ ///   |
                                            {         |
                何て呼べば、良いかな……?       {       /
                                         __\     /リ 厂`'‐- .._
                                     / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                      | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                     | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                                     | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |




            ……別に名簿の名前を読み上げただけだから、意識することなんてないのに。

66 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:53:19 ID:1ySpUIJ.0



           それに、彼女は大して気にもしていないようだ。

           ……多分、こちらのことをそれほど男として意識してくれていないのだろう。




                     _
                       ´  `ヽ
                         __ノ__
                  . .<: : : : : : : : : : :>.
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      .         /: : : : :{: : : : 、: : :ヽ : : : : : : : : : : : ヘ
             ,: : : : :i: : : : :入: : : : :ヽ: : : : : :ヽ: : : : !    ……
             : : : : :.| : :/  \: :.:.:.:ヽ: : : : : }: : : :|
             !:{: : : :|:.:/     `ー==二、 : l : : . !
            .人l: : :./:/ -─       ─-.}: :/: : : :{    やってられっか代とか、られっか代って呼ばれてたから……
              lト、:/:人  ●     ●  イ: : : ト、.:、
               ノ._乂_:.:廴             |: }: :.' ヾ}   それで、良いっすよ?
                  {:{ :.:.:.ヽ@:::  '  :::@.イ:/:./  .ノ
               从: : :.込.   ー  .イ//: /
                 }\: :ト、{`≧=-:< /イ}:/_
                     _\-`ヘ'     L/:::::::://::>
               .<≪:::::::::::::∧-===:./:::::::/'://:::>、







           ……何だか、ちょっと物悲しい……。


.

67 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:53:52 ID:1ySpUIJ.0



           ……それでも、落ち込むにはまだ早い。




                        / ̄ ̄\
                     /    ノ   \
                      |   ( ⌒)(⌒)
                      |       | |     それじゃあ……
                      |  /// __´___ノ
                      |          }
                     ヽ     ヘミ|      ……られっか代、さん
                     /,` 、` -`,--` ,
               __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
              /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
             ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
             |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
             ;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、




           ずっと会いたかったが、その機すら得られなかった彼女と、

           同じクラス、しかも隣の席になれただけでも、願ってもない奇跡なのだから。

68 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:54:50 ID:1ySpUIJ.0



           少なくとも、悪い印象は持たれていないだろう。


           これから、一歩ずつでも彼女との仲を深めていけば良い。




                         (⌒
                       ,. -‐`───‐-.、
                      / : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
                    /: : : : : : : : : : : : :ヾ: : :ヾ: :\
                     ,' : : : : : : : : : : ;、: : : : : : : : \:ヽ
                      |: ;{ : : : : : : :/ \: : : : ヾ: : :ヽ:ヽ
                      |;八: : : : : :/    `ー-=、:ヾ: : }ヾヘ
                      |: : :ヾ: : : :{  ⌒     ⌒ヾ;ソ;ハ ``
                   }:ト、: : : : :{   ・    ・ ∧: :.ト、     ……うん
                    リヽヽ: \:{@     ,   ! }: :} )
                       };∧: ;ハ`ゝ、   、,  .イ }:.:/
                       _  \}ハ:.≧-  . <乂 Ⅳ       これから、よろしくっす
                   /   ヽ}! }    {`ー_、
                     .:' 二ミx   \ x---}/ / ニノ)-、       できない夫くん
             _  匕´/: : : :`ヽ\   r-'´ <//〉 }
             ⌒ー―/: : : : : : : :\ー/     ⊂二、〃
                 〈: : : : : : : : : : ノ:/   /`ー'^ー' {
                    `ヽ: :/`ー<:./   //ー〈:.}/   |
                    }/ 二ニ/   //::::::::}ノ{    !
                    ヽ_(   /   //::::::::/.\   /
                    /∧    ,' {:::::::::{:}  `¨´
                    .: : :∧  ,ノ: :Lニ彡′
                   ノ: : : : :`¨´: : : : : : :.{




           ……いつか、彼女を自分に振り向かせてみせる。


.

69 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:55:51 ID:1ySpUIJ.0




               ――高校2年生。



                     これからの毎日が、楽しみだ。



.

70 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 00:57:58 ID:1ySpUIJ.0
第1話は以上になります。
……改めて見ると、恥ずかしい作品ですね。

合いの手入れてくれていた方、ありがとうございました。
正直なところ、一人も見ていなかったらどうしようと、かなり不安でした。

71 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 00:59:37 ID:CX.TCG760
乙でした
まあ直球の青春物なんて、後から見れば恥ずかしくて当然だから

72 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 01:00:14 ID:1ySpUIJ.0
やってられっか代をヒロインにしたい!
という思いだけで始めてみたのですが、やはり難しいものですね……。

特に、テンポ感の作り方や場面転換のやり方がさっぱりです。
出来た!と思って読み返してみると変だったり……。

73 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 01:02:38 ID:Izi8pDB60
乙でした~

甘酸っぱい感じがいいっす
このスタートラインから、2人の間にどんな事件が起きるのか…
たのしみにしてるっす

74 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 01:02:44 ID:1ySpUIJ.0
>>71
作品の内容もそうですが、なにぶん下手なものですから……。
でも、これは処女作で思い入れがあるので、きちんと完結はさせたいと思っています。


当面の一番の目標は、られっか代を可愛く書くことですかね。
まあ、自分の技量に早くも限界を感じていますが……。

76 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 01:06:11 ID:1ySpUIJ.0
>>73
いやぁ、事件という事件は起こらないです、多分。

できない夫が加代と仲良くなりたくて行動を起こすけど、
ヘタレたり運が悪かったりしてなかなか上手くいかないという感じになるかと。

……そーいえば、できない夫と加代の絡み方もはっきりとは決めてないんですよねぇ。
基本的にはヘタレ路線で行こうと思っているのですが。
1話の最後で意気込んでますが、今はおしゃべりするだけで精一杯なので、
このあと引け腰になりまくりになる予定です。

77 名前: ◆R2Pz3RacMM[] 投稿日:2012/11/07(水) 01:10:45 ID:1ySpUIJ.0
……では、夜も遅くなってしまいましたし、今日のところはこれぐらいにしておきます。


こんな拙い作品ですが、見ていて下さった方々、
誠にありがとうございました。

79 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 05:02:32 ID:7qR3Dvjg0

甘酸っぱくむずがゆい青春ものは大好きです。
ヘタレでもいいじゃない。

82 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 17:35:10 ID:45KMSbws0
乙!
また更新楽しみなスレが増えたぜ・・・

83 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/11/07(水) 23:00:59 ID:McfsUezI0

られっか代ヒロインとは、俺得!
こいつは次回も楽しみだぜ。


コメント

  1. {{comment.num}}

    名前:[{{comment.comment_mail}}] 投稿日:{{comment.comment_date}}ID:{{comment.comment_user_id}}

コメントはまだありません

コメントを書く

名前
メール
コメント( 必須 )

書き込む

コメントに対する返信は ※1 ( 数字は半角 )
まとめ内レスへの返信は >>1000 ( 数字は半角 )